自転車旅に出るなら是非とも持っておきたいメンテナンス道具まとめ | Garney.Web

自転車旅に出るなら是非とも持っておきたいメンテナンス道具まとめ

スポンサーリンク

160129_1

旅の移動手段に自転車を用いていると嫌でもメンテナンスの壁にぶち当たる。自分は自転車については全く知識が無いまま乗っていたので初めはこれで苦労したのを覚えている。

でもやらなければ自転車はどんどん劣化していく。スピードも出なくなる、チェーンは錆びついてくる。やらなければ自転車がダメになるので、それは嫌だ勘弁して頂きたい。なので気づけば自然に覚えていた。自然の力である。

そんな自転車メンテナンスに必要な道具を紹介してみようと思う。
初めに断っておくと、自分は街中でサイクリングを楽しむ様な乗り方をしていないのでメンテナンスには場所を選ばない。大きな物は自転車に積み込めないので自転車旅の視線からすると必要でない。なので自転車用スタンドなど場所を大きく取るような物は紹介しない。

パンク修理に必須の道具

パンクは自転車に乗っている最中は常に起こる可能性がある。なので道具は常に持ち歩きたい。北海道の山の中でパンクしてしまった時があって「道具持っててよかったー!」って心底思った経験がある。しかも熊出没注意の看板が近くに立っていてスゲービビった!。必須。絶対必須。

タイヤを外すために使うタイヤレバー

by カエレバ

これがないとタイヤは外せない。頑張ったら外せるやろ?と初めは思うだろうが頑張って素手で外そうものなら爪が何枚あっても足りないだろうな。

これをタイヤとリムの間に入れ込んでテコの原理で外す。これを使うと爪を何枚も消費すること無く簡単にタイヤを外すことが出来る。

パンクの穴を塞ぐためのパッチ

by カエレバ

タイヤを外したらその中からチューブを引き出して穴を見つけるのだが、その穴を塞がなければならない。そのためにパッチを使用する。これは100枚入りなので最低100回パンクしても問題ないぞ。

パッチを貼り付けるゴムのり

by カエレバ

パッチで穴を塞ぎたいが、パッチをチューブに擦り付けようが押さえつけようが何の意味もなさない。実はゴムのりが必要なのだ。

ゴムのりを穴が空いた箇所に塗りつけ、パッチの大きさよりも少し大きめにのりを広げる。そして外気で少しだけ乾かした後にパッチを貼り付けるのだ。

昔街の自転車屋さんでパンク修理を頼んだ時ドライヤーでゴムのりを乾かしていたけど、自転車旅でドライヤーなど持ってはいけないので口でフーフーするとかしたら良いんじゃないかな。別にしなくても良いと思う。

タイヤに空気をいれる携帯用空気入れ

by カエレバ

パンクを直したら空気を入れねばならない。自転車旅行の視点から言えば大きな空気入れは積めないので駄目だ。自転車旅行でないにしても、どこでパンクするか分からないことを考えると携帯用空気入れは持っておいた方が良い。

輪行に使う道具

輪行とは自転車をある程度分解し持ち運べるようする術だ。これが出来ないと飛行機に自転車を詰むことができない。海外に持って行かないにしても国内で電車に乗せる場合で必要だ。

キャリアの取り外しに使う六角レンチ

by カエレバ

自転車旅においてはキャリアを付けることが多い。六角レンチはこのキャリアを取り外しするのに使用する。これを購入した理由は、どのサイズのレンチを使えば良いのか分からなかったからだ。「えぇい、レンチセットなら外れやんやろ!」なノリだ。

自転車メンテナンスにおいて必要なサイズはきちんと揃ってあり非常に満足している。殆ど使わないレンチも多い・・・全く使ったことのないのも多いが。

ちなみに自分が今使用しているキャリアで必要なだけで他のキャリア、例えば有名なのであればチューブスのキャリアだが、このチューブスのキャリアで使用するのかどうかはちょっと分からない。そのうち買うつもりだけど、持ってないので。

また輪行には使用しないがサドルの取り外しにも使う。

モンキーレンチもあると便利

by カエレバ

自分の場合後輪はモンキーレンチがないと外すことができないので必須だが、人によっては別に必要でも無いかと思う。でもあると便利なときもあるんじゃないだろうか?

ペダルを取り外すためのペダルレンチ

by カエレバ

輪行はペダルも外さなければならない。ペダルが他の人の荷物などに接触し傷つかないようにするためだ。ペダルレンチは名前の通りペダルを外すための工具なので持っておくと良いだろう。

これを知らずに北海道から帰る時、空港で「外せ」と言われて困ったことがあった。その時は持ち合わせてなかったので、「頼むわぁ」と言って飛行機に積んでもらったが、こんな面倒なことになるなら初めから外しておいた方が良いのである。

チェーンのメンテナンスに必要な道具

チェーンのメンテナンスも必須だ。チェーンが無いと自転車は走らない。

チェーンオイルでチェーンの動きを滑らかに

by カエレバ

自分は別のスプレー缶タイプのものを使用しているが、自転車に積むことを考えるとこの様なタイプの方が良いだろう。スプレー缶は幅を取るから。

チェーンにオイルを指す前に溜まった汚れを落とさないと行けない、その場合パーツクリーナーを用いるが、これがスプレー缶で販売しているものが多くて旅には適さない。何かよさ気な物があれば教えて欲しいです。
同時にチェーンの汚れを拭き取るウェスも同様に何か手軽に持ち運べそうなのがあれば良いなと思っていて探している。

チェーンのメンテナンスについては他にもチェーンのたるみの解消だったり、そもそもチェーン自体を取り変えたりと色々あるが、今の所はこれで問題なく乗り続けている。ただ国内の旅での話しなので国外に長期間でるとなると必要になってくるかも知れない。

ブレーキ部分のメンテナンスに必要な道具

ブレーキ部分の調整も重要だ。一番初めにパンクの修理や輪行を覚えたらブレーキのメンテナンスも覚えたい。ブレーキが効かなくなると命に関わるので手厚く整備してやらないといけない。

ブレーキが聞かなくなったらブレーキシューを変えよう

by カエレバ

これがブレーキシュー。これは消耗品でブレーキを使えば使うほどパッド部分がすり減っていく。摩耗し続けているとそのうちブレーキが効きづらくなって行き、最終的には効かなくなる。それにリムを痛める原因にもなるので、ある程度すり減ったら変えてやると良い。

ブレーキの調整に必要なドライバー

by カエレバ

ブレーキはブレーキシューを取り付けるだけで良いかと言うとそうではない、ブレーキシューを装着している部分。Vブレーキと言うが、ブレーキを握ると、ここが左右動く。タイヤをブレーキシューで挟み込むように動くかと思う。
ここの動きの調整としてドライバーを使用する。Vブレーキの左右の動きの差を調整することは直接ブレーキの効きの良さに影響する。

なおドライバーは例によってどのサイズのを使えば良いか分からなかったので例によってセット製品を買えばどれか使えるだろうである。案の定使えた。分からなかったらセットを買えだ。理解しているのであればダイレクトに合うサイズを購入すれば良いだろう。

予備の消耗品を持っていく

例えばパッチなどは多めに持っていくのは当たり前として、タイヤやタイヤのチューブやブレーキシューも持って行くとよいかと思う。タイヤやブレーキシューは出発前に確認しておけば良いが何が起こるか分からない。持っておくと安心だ。

一応自分が使っているのを示しておくが、これについては個人の所有している自転車に合わせて変更しないといけない。これをそのまま買うと規格が合わないなどしてしまうので、きちんと調べておいた方が良い。ブレーキシューについては、そもそもディスクブレーキだと買っても意味が無い。

by カエレバ

by カエレバ

これはブレーキブーツ。ブレーキ部分のパーツなのだけど、これも消耗する。持っておいても良いかと思う。そこまで重要でもないかな。

最後に

大体毎回これだけ持って出かけているかと思う。とりあえず1日程度のサイクリングなら十分だし、日本国内の旅でも問題ないだろう。日本国内ならば自転車屋はそこら中にあるのは周知の事実だ。パーツが足りないなら早いうちに駆け込んで調達すれば良い。

また、まだ自分が持っていない物もあるし今後必要な道具も出てくるだろう。その場合は逐次追記して行くことにする。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法