自転車旅行に適したスマートウォッチを持っていけば割と便利かもしれない

スポンサーリンク

20160123_1

実はスマートウォッチを買おうかどうかで迷っている。「あーんなもん必要ないやろ」なんて思っていたが、自転車旅行をするにあたって、「あれ?もしやこれ使えるのでは?」と思考チェンジしたのだ。それに腕時計自体必要ないって思考の人間だったので大きな気変わりだ。

「カシオの腕時計が旅で使える気がするなー」と何気なく思っていた時の事だった。

カシオの腕時計の多機能差

20160123_2

カシオの腕時計とは例えばプロトレックのSlim line PRW-3100とか。
見てくれ上の画像を!!

  • 高度表示
  • 温度傾向グラフ
  • 気圧の表示
  • 気圧傾向グラフ
  • 気圧傾向インフォメーション表示
  • 温度表示
  • 気圧差グラフィック

うーむ。何に使うねんって機能も多いが多機能なのは理解して頂けたかと思う。自転車旅行者は登山家ではないので気圧傾向グラフなどはあまり使いそうに無い。この画像の中に記されている機能に限って言えば温度表示と高度表示は使えそう。方位計が付いていれば言うことがない・・・と思ってたらあった。

20160123_3

素晴らしい。方位を60秒間連続で計測!なんか解らんけど高スペックな気もしなくもない。

だけど買うなら今はスマートウォッチかも

これらの機能はスマートウォッチでも実現可能でしょ。スマートウォッチを自転車旅行で持っていく際に気になることは、防水性と高級感だ。

防水性について

防水性は言わずもがな、アウトドアなので雨に濡れる可能性は100%に近い。それにもかかわらず防水性がないのであれば腕時計なのに腕に装着すること叶わず。腕時計なのに・・・。それならスマホでいいのだ。スマートウォッチの利点が消えてしまうので防水加工が施されているのは自転車旅行に置いて必須。

高級感について

スマートウォッチは高級感があってよろしくない。あまりにもスマートで小奇麗な見た目をしていると盗難の可能性が上がるので、おしゃれだが、それ相応に控え目な感じでなければならい。その当たりの感覚は個人それぞれだが・・

さてそんなこんなで調べていたら、カシオさんがやってくれた。
Smart Outdoor Watch

20160123_4

防水加工もされていて、デザインは個人的には好きだしこれでも良いと思う。アップルウォッチに比べればまだ庶民的な気がする。気がするだけだ。

実物を見たわけじゃないし、他にも類似品があるか調べたいのでコレに決めるわけじゃない。そもそもまだ「あれば便利そう・・」と思っている段階なのでもう少し思案するつもりだ。

スマートウォッチを持っていくことで減らせる装備品

そこまで重要視していないのであれば、コンパスとサイクルコンピューター当たりは削れる。サイクルコンピューターはもともと必要ないかなと思っていたけど、スマートウォッチで確認できるならラッキーなもんだ。

気になるのは充電だけ

後は充電対策だけだ、恐らく電池が切れたら時計としての機能すら使えなくなるのだろう。この辺りはちょっと実際に実物を見て確かめるしか無い。
こういうものはいつでも手軽に使えるのが利点なので、充電が無くなって使えませんじゃ例え防水加工がついていようと残念でならない。
一度見に行ってみるかー。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法