自転車旅行者の救世主!エネループによる電池の節約と補充問題について

スポンサーリンク

20160118_1

この間遠出する時、充電の心配をしないためにモバイルバッテリーを持って行こうという記事を書いた。しかしコレだけだとまだ問題が残る。それは自転車のライト等で使用すると思われる乾電池が切れた時にどうするんだと。

もちろん対策するぞ。エネループでな!
自転車のライト以外にも活躍場所はあるだろう。例えばランプを持っていくなら恐らく必要になるだろうし持っておいて損はないアイテムだ。

自転車旅行者は基本的に貧乏

そう、貧乏なのだ。乾電池に毎回毎回お金をつぎ込んでいられるかっ!。昔の自転車旅行者なら乾電池問題をどうしたのだろう、でも今ならエネループで解決可能だ。

なんたって何度も充電できる。無限ではないにしてもパッケージは1000回は使えるとか書いてた気がする。まあとにかく何度も使いまわせる。(最新のタイプだと2000回は使えるらしい・・すげぇ)

充電回数に限界が来たらどうするか

前述したがエネループは無限ではない、何度も何度も繰り返し使用していると使えなくなる時が来る。日本に居るならば、そこらへんの家電量販店でも、そうじゃなくても売っているし、面倒ならAmazonでポチってお終いだ。
だが、自分が居るのは海外。Amazonでポチるわけにもいかないが、実はあまり心配していない。

都会なら売ってるだろう

完全にそう信じていて、売ってる前提の考えで行く。今どき充電池が無い先進国は無いだろう。アメリカにエネループが無い訳がない。!!イタリアにエネループが無いわけがない!ブラジルにエネループがない訳がない!オーストラリアにエネループがない訳がない!

売ってる!!

そう信じる。後エネループに拘る必要はなくて充電池なら何でも良いのだ。

そう頻繁に買い換える必要がないだろう

充電池は何度も使えるもので、10回やそこらで消耗してしまうものでもない。消耗し切るまでに先進国に行ければ問題なかろう。また発展途上国に無いと決まったわけでもない。見つけたら何セットか購入しておいてストックしておけば、それほど問題になることもないだろう。

貧困国でもない限りある気がするんだよなぁ。

最悪普通の乾電池を買えばいい

充電池がどうしても手に入らないなら普通の乾電池で暫く繋げばいい。そもそも何度も買い換えるのが嫌だからエネループを持っていくのであって、充電池ではない乾電池が使えないわけじゃない。いざとなれば手段は選ばん。

これらのことから問題無い。全く問題ない。根拠はないが解らないものを考え続けても答えが出るわけでもあるまいし、これでよい。
これでランプ関連、電池が必要な物に対しての充電対策は完了だ。

by カエレバ

by カエレバ

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法