Kindleのしおり機能を使って漫画を今の10倍快適に読めるようにしよう! | Garney.Web

Kindleのしおり機能を使って漫画を今の10倍快適に読めるようにしよう!

スポンサーリンク

まさかKindleにしおり機能があったなんて、今更気づいた・・。

Kindleって読んでいる途中で別の本に切り替えて戻ってくると、どこまで読んだか記憶してくれる。

だけど読んでいる最中で別のページを見たくなったとか、読み返したくなったとかあるじゃないですか。

そんな時、読みたい場所にピンポイントで飛べないんすよね。目次にリンクを設定してくれている本とか結構増えてきたけど、それでも不便。

だって目次に飛びたいとは限らないじゃんか。

そんな矢先。

私は、隠しコマンドを見つけたのだ・・・!!

しおりの出し方と登録方法

20160105_1

そんな悩みを解決してくれるのが今回伝えたい「しおり機能」だ。

Kindleの画面の右斜上をタップすると現れる。意外と気づかないもんだなぁ。

それから実は…画面の右斜め上、下、左下、上と押した後に中央タップしすると…

何も無いんですけどね。隠しコマンドはこれ以上無いらしい。

それはさて置き、このしおり機能がめっちゃ便利だった!。活字ばっかりの本よりも漫画や雑誌で活躍する。もちろん活字だけの本でも非常に使える。

しおり機能を使えば漫画や雑誌の読書が超捗る

小説、ビジネス本とか自己啓発本とかHowTo本とかとかって、目次でそれぞれの箇所に飛ぶことができる。

他には文章をマークダウンしておけばそこにジャンプできたりと、漫画や雑誌に比べれば、割りと好きな所にサクッと移動できる。

でも漫画や雑誌ではこれができない。文字をマークダウンすることができない。

思うに、漫画は一枚一枚画像データなんだろう。だから文字を認識できないんだと思う。

よって、お気に入りのセリフとかをマークダウンして印を付けることもできないし、目次からそれぞれのページへ飛ぶこともできない。出来る本があるのかもしれないけど、今のところ出会っていない。

さぁ、読みたいページにサクッと飛べなくて不便!これを解消使用じゃないか。

20160105_1


先ほどの画像。「うる星やつら4巻」で実験するぞ。

まず目次のページへ行って、1話目までページを送る。そしてしおりを出して登録する。画像にあるプラスボタンを押せば登録完了だ。

この流れで次の話まで読んだらまだ扉絵の所でしおりを出して登録していく。これを繰り返す。「うる星やつら4巻」は10話構成なのでこの作業を10回行う。するとこうなる。

20160105_2

はい、これでどのページからでも目次がワンタップで呼び出せます。上から順番に1話~10話になってるので一瞬で分かる。便利すぎた。

20160105_3


タップするとこんな感じで簡単に読みたい話に飛ぶことできる。

既に持っている漫画に対してこの作業を全部行うのは面倒くさいけど、これから読む本ならどうせ1ページから最後のページまで読んでいくし、次の話の扉絵が来たついでにしおりを登録してしまえば良いのだ。

しおりに、個別に名前付けれたら更に良かったけど。まあコレでも十分。

是非真似てくれ。そしてもっといい方法を見つけたら教えてほしいぞ。
尚、漫画で実践したが初めにも書いた通り雑誌等マーキング出来ない本でも同じように活用できる。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法