どこでも生きていく力を付ける為に、ただ旅をするだけでなくテーマを持ちたい、そしてそれを完遂したい。 | Garney.Web

どこでも生きていく力を付ける為に、ただ旅をするだけでなくテーマを持ちたい、そしてそれを完遂したい。

スポンサーリンク

20151222_3

自転車で旅をするなら、ただ旅をするだけで完結したくない。旅をするだけだと時間の消費にしかならない気がするのだ。一生に一度かは解らないけど、そう何度もできる機会も無いだろう。世界一周の旅。ならば付加価値を付けたいじゃないか。

どこにいても生きていける力がほしい

世界一周と言えば、良くギター弾きながら~とかありがちなんだけど、そういうのには全く興味はない。だって大抵の場合ギターなら旅の間しかしないでしょ。ナオトインティライミのように世界で歌って演奏して帰ってきてもそのままプロとして活躍したなんてパターンの人がどれだけいるのさ。

ギター弾きながら旅している人の目的は殆どの場合その日その日の宿代や食費代の稼ぎであって、その先を見据えていない。その経験は確かに生きるだろうけど、旅が終わった後バトンを繋いでいけない気がする。

だからそれでは辛いでしょう。だって旅が終わった頃には三十路越えてるよ。100%。再就職そこから考えますか?もうここまでやる覚悟でいるなら、何かに依存しなくても一人で生きていく位の力欲しいよねってこと。「旅の間でしかやってませんでした。」な付け焼き刃スキルは要らないなと思うわけだ。

現代風狩猟採集民と現代風農耕民

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 って本を読んでいる。これが中々面白い。この本で狩猟採集民族と農耕民の違いについて触れられている。

狩猟採集民族のように移動しながらでも環境に適応してどこでも生きていければ最強だなと思ってる。狩猟道具はPCであり、獲物は情報である。情報はインターネットに幾らでも転がっているビッグデータだ。だからこの情報を採集したとしても枯渇することはない。

一応言うと、だからといって点々と各地を移動しながら生活していくのが理想だと言ってるわけじゃない。各地を転々としたとしても、生きていけるだけの力が備われば良いなと思ってるだけで、世界一周の旅が終われば、日本なり気に入った国なり定住しますよ、そりゃね。

会社という畑が無くなってしまうと生きていけない。それは嫌だなと思ってるだけです。PC一つあればどんな国でも、どんな環境でも生きていければ理想。それを模索したいなと思う。

そのための第一歩としてブログがある

ぶっちゃけ、ブログ飯には興味はない。あんなものはもうね、ハードル高いわ。自分には高すぎる。そこまでブログで頑張りたくはない。でもお小遣い程度に稼ぐことは出来るだろう。まずはそこを目指したい。自分でもそれくらいは出来るって示したい。だからマネタイズはしっかりする。

ブログで発信しつつプラスαとして別の何かもしていければリスク分散にもなるし良い流れとなるだろうと思う。恐らく、Webエンジニアとしての経験も役にたつだろう。今も個人として仕事を貰えている。この流れが旅の最中も続くのかは解らないし、旅の途中でそんなことが可能なのかも未知数だ。なんといってもネットがつながらない場所に居ることも多いだろうから。でも役には経つと思う。

三十路過ぎたオッサンが世界一周して帰ってきて何の力もありませんでしたじゃ、どうにもならんよね。

自分の強みを旅の最中も活かして、終わった後にも繋げていきたい。それが出来た時初めて「どこでも生きていく力」が付くのだと思う。

by カエレバ

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法