掃除が面倒くさすぎるし、もっと楽できる方法が無いかと考えた結果、やっぱりルンバが欲しいぞ。 | Garney.Web

掃除が面倒くさすぎるし、もっと楽できる方法が無いかと考えた結果、やっぱりルンバが欲しいぞ。

スポンサーリンク

20151209_1

部屋の掃除が面倒くさすぎる。現在一人暮らしであり狭いワンルームマンションというかアパートというかよく分からない所に住んでいる。そんな狭くて小さな部屋であっても掃除をするのが面倒くさすぎて仕方がない。掃除好きの人が居たら雇いたいわ。ついでにお片付けもできない。

だからといってゴミ屋敷ではないぞ。ゴミ屋敷じゃない!決して。
だが、この世からホコリとチリは消えてなくなってしまえ。

そんな奴でも掃除が捗る環境にするには

そんな自分でも家の中が常にツルツルピカピカに維持するにはどうしたら良かろうか。どうしても重い腰が上がらない。寒い冬の日の布団の中くらい、このスパイラルから抜け出せない。そこでそんな人には全自動お掃除ロボットが良いのではなかろうか。

考えが普通すぎた。

でもな。お掃除ロボットを考えた人は天才だ。お掃除をしたくない人向けのスーパーアイテムだ。そうだ、今までダイソンとかダイソンとかダイソンが、とにかくホコリやゴミを綺麗さっぱり吸い取る。お掃除楽しいやろ?お掃除しろよ?ってそんなアピールばっかりだったけど、お掃除ロボットはその考えを180度ひっくり返した。そう、お掃除なんか糞食らえヤツは一定以上居るのだ。そこにニーズが発生した。だから爆売れになったわけだ。なんぼ売れてるのかしらんが。

適当でもいいし、あるていど綺麗になってくればそれ以上の高みは望みません。指でテーブルの端をツーってして。「まだこんなに汚れてる!」とかやらないし。

だからお掃除ロボで良いんよね。良いっていうか妥協見たいに聞こえるな。でも言っとくが奴はめちゃくちゃ高い。高くて買えない。1万円切ってたら買う気にもなるがどうせならルンバが欲しいぞ。

まあとにかくお掃除ロボットを買えば、かったるいお掃除の時間を短縮できるし良いと思う。何度も書くが、だが高い。もっと安上がりにできないか。

お掃除にときめけば良い

お掃除なのか分からん。でもきっとヒントがありそうな気がする。人生がときめく片付けの魔法。これやろ。近藤麻理恵先生に教えを請う方法。っていうかあの本は片付けが題材の教本なんだが。掃除に着いては書いてあるのだろうか。掃除も片付けも似たようなもんやろ。

知識を増やせばそれを実践したくなるもの。おまけに本は安い。1000円も必要ない。ルンバの50分の1のコストだ。欠点はマジで人生にときめかない限り、一時的なものだということ。知識として参考になるが、それを実行し続けるのはまた至難の業なのである。

世の中沢山の天才がいるけど、あの天才達はその分野の天才なのではなくて、継続の天才なのだと思う。さて、そういうことなので読んでみようとは思うが継続できるかどうか。

もっと出がるにどうにかならないか。

オカンを呼ぶ

却下

家事の自動化を待つ

自堕落な自分にピッタリであり、なんの解決にもなっていない。家事の自動化を待つ。恐らくというか必ずそうなると思っている。人はどんどん人力でする仕事をロボットに奪われていくだろう。

家事もまたしかり。そのうちに自動お掃除以外にも、自動選択ロボットとか、お風呂掃除ロボットとか。料理作るロボットとか。もう何でもロボットになる。そして更に進むと1仕事に1ロボット、一家に数台の家事ロボットだったのが1台に統合化さるのだ。万能家庭ロボットの誕生である。

・・・・

何言ってんだこいつ。

これだけ書いといて言いたかったことはただ一つ。
ルンバ欲しーーー

by カエレバ

by カエレバ

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法