「リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅」 を読んだ感想を書いてみる

スポンサーリンク

20151206_1

旅行記を読むのが好きでちょくちょく買っては読んでいる。やっぱりゆっくり時間に縛られない旅には憧れる。そして、この間歩いて世界一周した人の旅行記を読んだ。

リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 (幻冬舎文庫)

という本で、荷物はタイトルにもある通りリアカーに全て載せるスタイルだ。

なんでリアカー?バックパックでいいやん?

バックパックでもいいんじゃないの?と思うかも知れないけど、日本と違って世界には街と街まで何百kmも離れているような場所もある。また歩きで1日き進むことのできる距離は5,60kmといった所。

となると1日で街につくことができず、また民家も現れず無補給地帯が続くこともある。そんな日が1日だけならまだしも、5日6日続いたら食料はどうする?食料なら別のバックパックを用意して入れとくとして、水はどうする?とてもじゃないけどバックパックには入れて運ぶなんてできない。

実際にオーストラリア縦断の章では、何日も殺風景で変化のない道を何日も歩いたとあったし、無補給区域を何日も進むことは当たり前にあるのだ。自転車で旅するのでも1日~2日その様な場所はあるらしいし。公共機関で移動をする旅でない限り、そのような状況を進むことになるのは覚悟しないといけない。

長距離歩行は大変

また、歩くというのは思った以上に大変で恐らく殆どの人、自分も含めて1日に50kmも歩いたことがないだろう。自分は10kmもないぞ。5kmなら歩いたことがあるけど中々大変だった。疲れるというか時間がめちゃくちゃかかる。

また友達が20kmほど(具体的な距離は覚えてない)徒歩で歩くレースみたいなのに出たことがあるが後半足に激痛が走って歩けなくなり、リタイアした話を聞いたことがある。その時の自分は「20kmなら、なんとか行けるんちゃうか?」とか思ってたけど多分無理なんだろうな。

作中でも旅の始まりでは足に激痛が走り、歩ける状態では無くなったとあった。そう作者は歩き旅をしたことがなかったらしい。

辛いけど限りなく自由

自分も自転車で旅に出ることはある。ほぼ国内だけど。歩きも自転車もしんどいし辛い。峠なんかもう嫌になるしトンネルは怖すぎる。なのにどうしてするの?と思うだろうけど。それをしている時って誰に縛られるでもなく、限りなく自由になった気分になれる。会社のことも考えなくていいし、煩わしい人間関係からも開放される。

進む速度も良い。ゆっくり進む。自分のペースで進むことができる。バスや電車、バイクに車では一瞬で通りすぎてしまう景色をゆっくり楽しむことができるし、気に入った所でストップできる。その場が気に入ればそこに居座ることもできる。全ての選択は自分でできる。

そして人力である。「自分でやりきった!」と思える。
時間も気にしなくて良い。辛くなったらその場で寝れば良い。徒歩や自転車旅ではそれが可能なのだ。

人力で旅する人は大抵同じように考えていると・・勝手に思ってる。そうだよな?!

ユニークな体験が面白い

面白い体験が沢山書かれていた。ちょっとだけ紹介するなら

うんこ中なのに、写真を取ってくれと空気を読まないカザフスタン人の話。
中国のニーハオトイレ。
インドネシアのフェリーの中のトイレの話。
ベトナムのトイr(ry

トイレばっかりやないかい
いや、外国のトイレ事情は重要なのだ。

いやいや。いろんな人に助けてもらったエピソード、家に泊めてもらったり、凍傷を負った話では病院に連れて行ってもらったり。言葉は通じなくてもコミュニケーションは取れるのだと言うことがびっしり書いてある。
トイレのことばっかりじゃないからな?!小学生か!

作者は今

作者は今、このリアカー世界一周を終えた後、アフリカ縦断と現在は南アメリカ大陸の縦断をしている。アルゼンチンの南端から北上するルートだ。ブログにはその様子が書かれているけど、自分はあまり見ないようにする。

そのアフリカ大陸縦断編と南アメリカ大陸縦断編が出版された時きっと買うと思う。ブログを読んでいたらネタバレじゃないか。ジャンプでワンピース読んでコミックス買うんと同じだぜ。ワンピースじゃなくても良いけど。

是非続きが読みたい。勝手ながら楽しみにしています。そして自分もそんな旅がしたい。

アルキニストって名前いいよね。

ALKINIST -あるきにすと-

by カエレバ

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法