寒い気候の地域を旅するならインナーはヒートテックではなくて、ジオラインで決まりやろ?! | Garney.Web

寒い気候の地域を旅するならインナーはヒートテックではなくて、ジオラインで決まりやろ?!

スポンサーリンク

20151115_1

旅の途中気温の低い地域に行くこともあるかと思う。そんな時のために「モンベルのジオライン」を2着購入した。モンベルといえば、アウトドア商品を専門に扱うブランドだ。登山用品だって売っている、そんなブランドなのだ、このジオラインがスーパーあったかインナーであることは想像するのに容易!。自分は世界一周を自転車で達成するのが目的であるので、気温がマイナスになる中を行動しなければならない時もあるだろう、そんな時このジオラインが役に立ってくれると信じている。いやもしかしたら気休めにしかならないのかもしれないが・・ただ高かったんやからちょっとは効果発揮してくれてよね?!

さて、極寒の地域で効果が発揮するのかどうかは検証していないのでさっぱり分からないが、昨日早速朝肌寒かったのでジオライン一枚と薄めのシャツ一枚だけ着て出勤してみたのだ。気温は15度だったかな。普通にあったかい!が・・気温が大したことがないぞ・・気温が!5度とか、0度とかじゃないんかい!。って自分で突っ込みたくなる。だけど許して欲しい。まだ11月なんや・・そんな寒くなりません・・

買う時期が悪かったと反省するとして、一応言っとくと、ジオラインを着た瞬間から「温かい」と思った。そして開封した時に目を疑った、めちゃくちゃ薄いのだ、布切れみたいに薄いのだ。こんな薄くていいんですか?と思った。もっともっとゴツくて分厚いイメージを抱いていただけに、かなりの好印象だ。もともとジオラインは暖かくて良いと知っていたので、その辺の先入観による補正が掛かっているのかもしれない。ほら、皆が良い良いって言われてるものって自分が内心ガッカリしてたとしても無理やり良いな?!これ良いな?!って思うでしょ。後々になってそうでもなかったなとか思うんだぜ。いやこれは絶対良い!(高かったからな・・

またジオラインには「ライトウエイト」「ミドルウエイト」「エクスペディション」の3種類があり、自分が購入したのは「ライトウエイト」だ。というか、購入した後パッケージ裏面の紙にそんなこと書かれていて、「なんだと?!」とか思っていたのは内緒だ。まあ3種類あるのだ。なので、他のタイプの物については分からないが、多分もっと温かい・・多分な。あ、だからこんなに薄いのか?「エクスペディション」も一着購入しておこうかな。

とりあえずだ、まずはヒートテックとの違いを実感したいなと思う。冬が楽しみですねぇ。それと実際寒い地域でどれだけ効果を発揮してくれるのかも楽しみだ。

by カエレバ

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法