快適に使用できるワイヤレスイヤホンの購入条件と探し方【始めようワイヤレス活】 | Garney.Web

快適に使用できるワイヤレスイヤホンの購入条件と探し方【始めようワイヤレス活】

スポンサーリンク

こんにちわ。

自転車で海外のその辺をほっつき走っていたびゃすです。

PC周りってデバイスが沢山置いてあるせいでコードが邪魔にならない?

本当にそれが嫌。

絡まるし床に向かってぶら下がるコードに足引っ掛けたり椅子の足で踏んだり。

それで徐々に所持しているデバイスをワイヤレスに変えていこうと思っていたりする。

その名も「ワイヤレス活」

ということで、まずはイヤホンをワイヤレスにしてみた。

参考:安くて30時間も無充電で使えるワイヤレスイヤホンが便利すぎて神よりの神

で。

今回はイヤホンに特化した、快適すぎるワイヤレスイヤホンの購入条件ってのを書こうと思う。

ワイヤレスといっても色々種類あるし、何を選べば良いのかわからない人も多いはず。

そこで自分のケースを書き出してみるので、それを読者自身に当てはめるなどして参考にしてもらえればと思っているよ。

コードが邪魔問題

ここはサクッと書いてサクッと次に行く。

っていうかコードって邪魔じゃない?

ぶらぶら垂れるし肌に当たるおまけにぐちゃぐちゃに絡まる。

それが嫌だ。

ずっと当たり続けてくれれば気にならないだろうが、ヤツはブランコのようにゆらゆらと肌から離れては再びこちらへ突撃してくる。

ペチペチペチペチ、あぁ!!!やめれ!!って思う。

ところで、自分はこの現象のことを「肌ペチ」と呼んでいる。

まぁ、そんなことはどうでもいいのだけど、ヤツは物理法則にのっとって、ごく普通に運動しているに過ぎない。

だからいくら文句を言おうが無駄なのだった。

ワイヤレスイヤホンに変えよう

そこで、うざったいコードとはおさらばしたく「そうだ!ワイヤレスにすればいいじゃん!」となった。

つまり、もう肌ペチされなくて済むってことだ。

ぐちゃぐちゃに絡まらないし、肌に当たることによる集中阻害もない。

これだけ聞いただけでも素晴らしいと思うだろう(僕は思った)

安くてバッテリー長持ちなワイヤレスイヤホンを探せ!

初めに書いておくと購入した商品がこちら。

Hallomallがってなんだって感じだが、これが良いと思ったので買った。

予め言っておくと、自分はイヤホンにこだわりが無い。

音質とかそういうのもどうだって良い。

なので音質がどうのこうのって人向けではないので注意。

色々あって何を買えばいい分からない人は、その商品で何を叶えたいのかを書き出すといい。

さて、自分が欲しいイヤホンの必要最低購入条件は以下だった。

  • ワイヤレスであること
  • それなりに新しいBluetooth規格であること(4.0~とか)
  • 連続使用時間が長いこと
  • 安い

その結果、この商品に辿り着いたってわけだ。

まずは条件を掘り下げていく

ワイヤレスであること

これは当然。

そもそも肌ペチが嫌なんだから、そりゃそうである。

コードが絡まったり、肌ペチされると、引きちぎりたくなってしまうからね。

それらのストレスから逃れるために、欲しいのだから必要最低条件だ。

それなりに新しいBluetooth規格であること

新しい規格であれば、今後しばらくは最前線で使っていける気がする。

古すぎると所持しているデバイスに繋がらないのではないだろうか、そういう不安を解消するためでもある。

ちなみに、古いBluetooth規格だと、最新のデバイスで繋がらないのかどうかは分からない。

ただ、新しい規格にしておけば間違いなく繋ががるだろう。

そういう不安払拭のためである。

連続使用時間が長いこと

これは大切だろう。

PCで作業している間はずっとイヤホンを付けている事が多い。

そうすると3時間や4時間でバッテリー切れを起こしては話にならない。

最低でも8時間は動いて欲しい。

でも8時間だと毎日充電しないといけない。

それは面倒だ。

だったら16時間位あるといい。

ここで完全独立型の最先端イヤホンは購入候補から外れることになった。

あれかっこいいんだけどなぁ。

バッテリーの持ちがまだまだ悪いのが残念だ。

もう少し先の未来に期待する。

安い

これも大事だ。

そこまでイヤホンに興味がないので必要最低条件を満たしていて、且つイヤホンとしての機能が備わっていればいいのだ。

そこまで高い物は必要がないし持て余す率Maxである。

予算は3000円位までとした。

完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーの持ちが悪い

イヤホンには色々種類があって、例えば最近流行りの完全ワイヤレス型の物もある。

これすっげぇカッコいいんだけど先に書いた通りデメリットもある。

例えば

  • 連続使用時間が短い3時間~5時間程
  • 値段が高い
  • 無くしやすい

高いとか、無くしやすいとかはまぁいいんだけど、問題はやはり連続使用時間だ。

完全ワイヤレスなイヤホンはバッテリーの持ちが悪い。

5時間ならまだしも3時間以下のものもあって、それだとすぐに充電しないといけなくなってしまう。

それではまともに使えない。

アンカーのこれが超かっこよかったんだけど、連続使用時間がネックでやめた(高かったしな)

後、この手の商品で気をつけたいのが最大48時間とかいうウリ文句である。

今紹介したAnkerの商品でいう「最大48時間音楽再生」。

これのことだ。

これはイヤホン本体で48時間連続で使用できるという意味ではない。

ケースにバッテリーが内蔵してあり、本体のバッテリが切れた後、ケースで充電すれば48時間まで使えますよという意味なのである。

本体はやっぱり3時間程で充電しなければならない。

これではあまり魅力的感じない。

ということで、やっぱり買うことをやめた。

快適ワイヤレスイヤホンはこう探せ

自分はこのように考えてワイヤレスイヤホンを購入した。

結局手に入れたワイヤレスイヤホンはめちゃくちゃ重宝していて、毎日欠かさず使用している。

使用した感想とかは安くて30時間も無充電で使えるワイヤレスイヤホンが便利すぎて神よりの神を読んでみて欲しい。

ワイヤレスイヤホンはここらへんを意識すると超快適なアイテムと出会える。

自分のケースをもう一度振り返るとこうだ。

  • ワイヤレスであること
  • それなりに新しいBluetooth規格であること(4.0~とか)
  • 連続使用時間が長いこと
  • 安い

人によっては音質に拘りたい人もいるだろう。

それなら予算を上げて探してみるのをおすすめするよ。

次はキーボードとマウスとかヘッドホンとかワイヤレスにしたいでござるよ…

そんなこんな!

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法