【ご報告】一時帰国しました。10ヶ月の海外自転車旅で得たこととか

スポンサーリンク

こんにちわ。

自転車で海外のその辺をほっつき走っているびゃすです。

さてタイトルにあるように一時帰国しました。

再開は未定だけど、気が向いたらまた行こうと思います。

出発直前の記事を読むとなんだか感慨深い。
参考:自転車世界一周の出発日のお知らせを心の叫びとともにお知らせする

今日はその一時帰国の報告と10ヶ月間の自転車旅で得たことについての記事となります。

何故一時帰国したのか

この旅が始まって約10ヶ月が経ちました。

アラスカのアンカレッジからスタートして、この記事を書き始めた時はメキシコのグアナファトにいました。

グーグルマップで見ると「まぁ、ずいぶん走ってきたなぁ」とか思うのです。

そして気がつけばグアナファトに着いて1ヶ月近く経ってしまいました。

それでこう思いました。

「流石にそろそろ行こう。ゆっくりしすぎた。」

だけど、頭で思っていても足が前に動かないのですよね。

出不精勃発。

まいった。

この出不精勃発を受けて思い返してみると、テピクという町で20日も滞在していましたし、グアダラハラでも10日程滞在していました。

明らかにペースが遅くなってきているなと感じたのです。

メキシコはアメリカやカナダに比べて物価が安いので、ホテルであっても1200円~3000円位で泊まれてしまいます。

長期滞在してしまった場所は、どこも1日1200円~1800円居内(食費省く)で生活できていました。

で、これはどういうことなのか。

と考えてみた所。

ダレてきているのだろうな。

という仮説に行き着きついた。

それで、それならば一度帰った方が有意義なのでは?

という考えに至ったわけです。

正直言ってやってみて分かったけど、1年も2年も更には10年もそればっかり続けている人は狂人ですね(褒め言葉

自分にはできんなと身をもって分かったし、それは収穫でした。

これが辞める勇気ってやつなのか


ツイッターではこんな感じで呟いたのですが、この投稿をするのにはずいぶん躊躇しました。

3日程下書きに置いたままだったし、そもそも帰るかどうかの思考については2ヶ月位前から頭の中にあって「どうするかどうするか」と堂々巡りしていました。

当初はパナマまで行って帰ろうと思っていたが、このだらだら生活だと後何ヶ月掛かるか分かったもんじゃない。

それで帰る決断をするなら早い方が良いはずだと決断し、投稿(ツイッターに)しました。

それにしてもまぁ、辞めるっていうのはこうも勇気のいることかと思いましたね。

「これが辞める勇気ってやつか」

とか思った。

んで、何を辞めたのか具体的に言うと。

① 3年間ぶっつづけて自転車旅するということを辞めました。

② 自転車世界一周辞めました。

辞める勇気っていう言葉については自転車旅を始める前から知っていた言葉でした。

ただ自分の場合、もっとそれより以前から自転車旅に思いを馳せていたこともありました。

今から遡れば5年以上前です。

それで膨らんだ思いが大きくなりすぎて重く伸し掛っていたのだと思います。

だいたい3年ぶっつけで行くんじゃ!とか大口叩いてこのザマなので、すっげぇ恥ずかしい。

穴があったら入りたい。

元々出不精なので穴に入ったら二度と出てこないかも。

そして今絶賛穴に入っているのだけど、収穫もあったんですね。

「小さく始めろ」

って、どっかの偉い人が言ってた気がするけど、まさに小さく初めたほうが良いというのを約1年を通して身をもって体験できたのはいい経験でした。

この自転車旅は自分にはサイズオーバーでした。

それが分かったのは本当に良かった。

自転車旅は辞めるのか?

自転車旅自体は辞めません。

今の心境を分かりやすく例えると、

大好きなカレーを毎日食べて飽きた。

みたいな感じなんですよね。

でも飽きたカレーも暫く食べずにいれば、また美味しくなるみたいな。

また食べたくなる日がやって来ます。

そうなったら、その時また行くのだと思います。

先にも書いた通り、3年続けてやることを辞めました。

そして次からはもっと小さく小さく自転車旅をしようと思うのです。

1ヶ月とかそれよりも短い期間でふらっと海外に出ていって、今のようにツイッターとかブログ、ノートなどで旅を発信しながら楽しもうと思いますね。

そして完全に辞めようと思うのは、世界一周。

これはもういい。

興味がなくなりました。

これに関しては、挑戦している方達を応援していきたいなと思いますね。

特に学生でチャレンジしている人。

興味は無くなったのだけど、これからチマチマと海外を走っていった結果、いつの間にか「あ、世界一周に結果としてなってたわ」って言えたらいいな。

次行くとしたらどこ?

幾つか候補があります。

① メキシコシティで一旦帰国した(実際は直前のケレタロという街の近く)ので、そこから当初思っていたルートを走りに行く。

② ニュージーランド縦断

③ ヨーロッパのどこか。

メキシコの続きもいいけど、ニュージーランドに興味が出てきた。

ツイッターで他の自転車旅行者がニュージーランドを縦断しているのを見て、良いなぁ良いなぁと思った。

だから行ってみたい。

ヨーロッパは、純粋に楽しそう。物価は高いけども。

これからどうするの?

ゲームしたいw

湯水を浴びるが如くゲームをしたい。

なので暫くゲームの配信でもしようかな。

飽きたらまた別のことします。

それから8月にドイツのケルンで毎年行われているゲームズコムに行きたいですね。

お仕事(労働的な意味で)はブログの収入と貯金の残りがまだあるので、もうちょっとしません。(労働したくないです)

まあブログは仕事の一部なので、それはやりますしゲームの配信でもお金を稼いでみようかな。

お金が無くなってしまったらその時はその時で考えます。

あまり先のこと考えられないんです。

自転車旅をして得たこと

10ヶ月アメリカとカナダ、メキシコと自転車旅をして何を得たのか。

これ大事ですよね。

何も得ていないのなら、それこそ10ヶ月何してたんだってことになりますからね。

海外に気軽に行けるようになった

これ間違いなくそう言えるはず。

先程の「ゲームズコムに行きたい!」もそうだけど、こんなこと自転車旅に出るまでの自分だったら100%言えなかった。

メキシコはスペイン語圏でした。

スペイン語なんてほぼ何も知りませんよ。

ほぼ真っ白な状態でした。

メキシコに入国したときは「大丈夫かな大丈夫かな」と不安でした。

しかし、踏み込んで一步進んで見ると、不思議となんとかなっちゃいました。

なので、言語が分からない国でも1人でふらっと行ける自身がついた。

おかげで自分にとって「海外」がいっそう近い存在になりました。

楽しく出来る範囲でコントロールすること

初めにちょっと触れたけど、何年も同じことできないってことが判りました。

自転車旅は10ヶ月でダレたのでリフレッシュが必要です。

自分にとって海外旅行は10ヶ月連続が限界のようです。

一方で、何年も自転車旅をぶっ続けている人も居ます。

そういう人は「すげぇなあ」と素直に思う。

そんなすげぇ人達が居る中で。

自分の限界点が分かったことが大きな収穫でした。

次はこの限界点に触れないように管理すればよさそう。

受けた恩を回すこと

それから、沢山の人に無償で助けて貰いました。

それも沢山。

本当にどの国の人も優しかった……(遠い目)

なんだよ、なんで皆そんな無償で与えてくれるのか。

何度も何度も見ず知らずの人から応援されて、こりゃ自分もこうならねばならんな。

と思った。

困っている人たちに、この与えられた分を還元していきたい。

なので例えば、地元で自転車旅行者を見つけた時は全力でサポートしたいですね。

今後は次に続く自転車旅行者のために還元していく番だと思っている。

そもそも、このブログはそのつもりで運営しているけども。

ブログについては、今後は別のこと書くと思いますが、それも次にすることについて誰かの為になるようにです。

脱線したけど、受けた恩は次に困っている人に回していこうと思いました。

自転車旅で達成できたこと

この自転車旅はただ自分が楽しいだけでなく、誰かの為のエンタメになればいいと考えていました。

なのでブログで発信したり、ツイッターで日々の様子を発信したり、インスタグラム(途中でアカウント壊れてやる気無くしたのだけど)で写真を投稿したり、更に興味のある人向けに、日常を掘り下げてた日記をnoteに投稿※したりしていました。

※noteに関しましては、4月いっぱいで終了しようと考えています。

結果。

「ブログを読んで参考になりました」という言葉を頂けたり、

質問を頂けたり、noteは少数ながら初めから終わりまでずっと購読して頂けたり、

ツイッターも僅かながらフォロワー数も増えました(多分300人位)

自転車旅に出る前と違って、大抵、何を呟いても反応を貰えていたので、個人的には大満足です。

反応を貰えていたということは、つまり誰かにとって意味のあることを発信できていたということではないだろうか。

つまり自分も楽しかったし微弱ながら誰かの為にもなった。

ということが言えるのではないでしょうか。

ブログからの収入も増えていましたし、数字としては始める前と初めた後では上がっています。

さいごに

自転車旅を応援してくださった皆様。

この旅のnoteを継続購入してくださった皆様。

沢山の道具を支援してくださったモンベル様。

本当にありがとうございました。

そして最後まで続けることが出来ず申し訳ございません。

これからは小さく自転車旅を続けていきたいと思います。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法