大自然に1人取り残されてみたい。たった3kmでも楽しめるパシフィック・クレスト・トレイル散歩 | Garney.Web

大自然に1人取り残されてみたい。たった3kmでも楽しめるパシフィック・クレスト・トレイル散歩

スポンサーリンク

こんにちわ。

自転車で海外のその辺をほっつき走っているびゃすです。

ホワイトウォーターキャニオンという所に来ています。

ここはなんと無料でキャンプすることが出来るのと、トレッキングを楽しむことができるのです。

このトレッキングコースはパシフィック・クレスト・トレイルと呼ばれていて、メキシコ国境からカナダ国境まで続く、ロングロングな自然歩道なのです。

ホワイトウォーターキャニオンでの無料でキャンプが重要ですね。

ついでにパシフィック・クレスト・トレイルを2マイルほど歩いてきました。

これがめちゃめちゃ絶景だった。

大自然の中で1人ぽつんと放置されてみたい方には超おすすめ。

ストレス社会から解き放たれたいって居るはず、ここで解き放たれて欲しい。

解決にはならないけど、一時的に……

ホワイトウォーターキャニオン

ロサンゼルスから150km程東に進んだ所にあり、近くにはジョシュア・ツリー国立公園もあります。

辺りは乾燥した地域であり、360度どこを見渡しても、枯れた大地で埋め尽くされた景色を見ることが出来ます。

ホワイトウォーターキャニオンにある施設に入ると、黄色く色づいた山が脈々と続いていて、奥に見える山は確かに黄色いのだけども、目の錯覚で青く染まって見えて、それがまた綺麗で、うっとりするんですよね。

無料でキャンプ可能

自転車旅行者に朗報。

無料でキャンプができる。

こんな嬉しい所がありますか。

この場所のことは全く知らなかった。

直前までB&Bに泊まろうとしていました。

本当にラッキー。

トレッキングに来られた方は、1日歩き回って、ココに一拍するのもいいでしょう。

注意点としては近場にスーパー等一切ありませんので、キャンプされるのであれば宿泊分の食料を準備しておかなければなりません。

「ちょっと買ってくるわ」

と言ってちょっと行ってくる距離ではないので注意。

それからホワイトウォーターキャニオンのこの施設では3日まで無料でキャンプ可能です。
無制限ではありません。

それも注意。

パシフィック・クレスト・トレイルに行ってみた

さっそく荷物を全てテントに預けて、パシフィック・クレスト・トレイルに行ってみようと思います。

持ち物

トレッキングコースに行くに当たって持っていった物は。

  • 水約2リットル
  • カメラ(一眼レフ、パノラマカメラ、GoPro)
  • お菓子(チョコレートや飴)
  • ジャケット(暑かったから必要なかった)

ガチでトレッキングするつもりは無いので、ライトな装備です。

パシフィック・クレスト・トレイルの道中で野宿するつもりも無いので、チョコレート等のおやつを少々持っていただけで、水だけしっかり2リットル用意しました。

水が何より大事。

結果として、3時間ほど歩いて水は700ミリリットルほどしか飲みませんでした。

でも水は重要だから、持てるなら持っとけ精神で2リットル用意しました。

何が起こるかわかりませせんからね。

パシフィック・クレスト・トレイルとは

パシフィック・クレスト・トレイルとは、メキシコ国境からカナダ国境まで続く自然歩道なのです。

カルフォルニア州からオレゴン州までね。あーねと。聞き流していたら

「んんん?!」と驚いてしまいました。

ちょっと距離長すぎじゃないかと。

日本列島よりもずっと長いトレッキングコースがあるなんて。

自分が歩いたのは、この長い長いパシフィック・クレスト・トレイルのうちたったの2マイルです。

踏破は当然無理だし、自分はカナダからアメリカ縦断しているので逆走になるし、やらない。

ちなみに歩いたら6ヶ月ほど掛かるそうです。

日本人はアメリカに3ヶ月しか滞在できないから最低でも2回に分けないと攻略できなさそうです。

パシフィック・クレスト・トレイルで見れる景色

どんな景色が見れるのでしょうか。

さっそく歩いてみましょう。

サボテン発見。

だけども、自分の知っているサボテンじゃなくて不思議。

不思議すぎて何度も写真撮った。

自分の知ってるサボテン発見。

同じタイプか分からないけども、この間メキシコ人スーパーにこんな感じの平べったいサボテンが食料品として売っていました。

どんな味がするのだろうか。

いい感じに枯れて立ち尽くす木。

向かい合ってみました。

他にもこんな、見たことのない植物が沢山。

それにこんな絶景も。

見渡す限り1人。誰もいない。

黄色く染まった山々が、太陽光に照らさて煌々としています。

バックは山で、ステージには川と白い岩。

それから枯れ草とサボテン。

どこまで見てもそれしか無い。

果てしなくて、めまいがします。

また動物達も多数いるようですが、残念ながら会うことができませんでした。

猫科の動物(何かは分からなかった)やビッグホーンシープもいるそうです。

ビッグホーンシープはカナダで一度野生のを見ましたが、角が見事なんですよ。

一度見て欲しい。

居るらしいのでパシフィック・クレスト・トレイルに行ったら探してみてください。

3kmだけのパシフィック・クレスト・トレイル散歩

たった3kmだけのトレッキングでしたが、どうでしょう。

やばくないですか?

こんな人におすすめです。

  • 人混みに疲れた方
  • 地球の果てしなさを感じたい方
  • 一人になりたい方
  • 大自然を見たい方

マジおすすめします。

場所はホワイトウォーターキャニオンです。
間違いないように。

そんなこんな!

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法