キャンプで頻繁に料理される方にはおすすめなガソリンストーブ

スポンサーリンク

キャンプ好き、自転車旅行ずき。あーなんでもいいや。

みなさまおはようございます。

自転車で海外その辺ほっつき走っているびゃすです。

自転車旅しているとキャンプをすることが多いんですよ。

キャンプをするとなると料理をする時がありますよね。
料理をするとなると、火を起こさなければなりませんね。

火を起こすには、さてどうしようか。ということになりますね。

ガソリンストーブがオススメ

火を起こすにはいくつか方法があります。

薪を拾ってきて火口を集めてマッチで火をつける。
最近はメタルマッチなんかもあって便利ですね。

もしかしたら石で点ける人もいるかもしれませんね。
うーんそうすると、板と棒で、ごりごりやって火おこしスル人もいるかも知れん。

まあそれは別に良いとして、他には・・・
ガス・カートリッジ等火をおこす人も居るでしょう。

だけども、自分がおすすめするのはガソリンストーブです。

ガソリンストーブが良い理由

なんでガソリンストーブ良いのよ?という理由ですが、

例えばカートリッジ式を用いて使う場合って、ガスが無くなったら買い換えないと行けないんですよ。ガスの部分だけね。

あれって、もしも何個も持っていく必要が場合、嵩張ってしまうんですよね。
車で移動する方はまだ良いとして、自分ら自転車旅行者だったら割りと痛いですよね嵩張るのって。
荷物の持ち運び容量が限られている場合に不利でしょう。
※自転車旅だとしても数日程度であれば問題ないと思います。

それに対してガソリンストーブならガソリンボトルさえ1つあれば何度も使えます。
何度も使えるのは普通だとして、大切なのはガソリンがあれば火が起こせるのです。

つまり世界中どこでも使える。
ガソリンスタンドがあればそれでいい。

カートリッジだったら、大抵の場合キャンプ用品店に行かないと売ってないですよね。
ガソリンスタンドは町だったら大抵あるし、直ぐに見つかるので探すのも苦労しません。

推奨はホワイトガソリンですが、ガソリンスタンドで給油できるレギュラーガソリンでも使用可能です。
問題はススが多くつくことですが、メンテすれば大丈夫。

おまけにボトルいっぱいにいれたって50円位で済むのだから驚きです。(給油する国や場所によります。50円位なのはアメリカです。)

一度ボトルを満タンにすれば7回~10回(目安)は使えるのではないでしょうか。
一度の調理時間の長さにもよります。

だからオススメなんです。

MSRのドラゴンフライ

自分が現在海外自転車旅で使用しているのがMSRのドラゴンフライ。

これがもうめちゃ便利。

どう便利なのかは上記で先程書いた通りですが、加えて

  • コンパクト
  • 強火弱火の調節が可能

以上の利点もあります。

コンパクトであることは勿論、嬉しいのが火の調節ができる所。
弱火で焼きたい、炊きたい。そんな希望を叶えてくれます。
またメンテナンスをすればある程度故障しても自力で治すこともできます。

欠点は音がうるさいこと。

でも、音がうるさいのって慣れたら気にならない。
「初めは煩くて嫌だな」と思っていたのですけど、1ヶ月2ヶ月したら気にならなくなりました。

ちなみに音を小さくする為のパーツも別売で売っています。

超高いのでそこまでして買うものか?と思いますけどね(買ったけどね)

※注意なのですが、ドラゴンフライには燃料ボトルは付いていません。
別途購入が必要です。

ドラゴンフライの中身

中身はこんな感じ。(燃料ボトルは別途購入必要)

  • ドラゴンフライ本体。
  • メンテナンスキッド
  • ウィンドスクリーン
  • 説明書

です。

火をつけるとこんな感じ。(プレヒート段階)

プレヒートが終わると青い炎になり、轟音で燃え盛ります。(写真じゃ見えづらいですが、これで燃えています)

MSRのガソリンストーブ

ドラゴンフライ以外にもMSRからはガソリンストーブが出ています。

ドラゴンフライ

ウィスパーライト

XGKEX

ウィスパーライトは静かで優秀なガソリンストーブですが、火の調節が出来ません。

ドラゴンフライは煩いけども火の調節ができます。

XGKEXは過酷な土地に対応したガソリンストーブです。

世界中の過酷な状況で使用するために設計され、多くのエクスペディションで使用されてきたモデルです。ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油、軽油(ディーゼル)、ジェット燃料に対応するマルチフューエルタイプ。バーナーを覆う頑丈なエンクロージャーや、不純物が詰まりにくい太いフューエルラインによって、辺境の地でも確実に燃焼します。

引用:MSR XGKEXページ引用

自分はどれでも良いと思っていますが、ドラゴンフライを選びました。

その他のガソリンストーブ

ドラゴンフライやウィスパーライトといったMSRのガソリンストーブとよく比べられるのが、ソトのMUKAストーブ。

こちらもオススメなんだそうです(使ったことはありません)

ただ、もしも海外で壊れてしまったら同じものは手に入らないかも知れません。(少なくともアメリカやカナダでは)売って居る所を見かけませんでした。

実際に使っている人に聞いてみた所、ガソリン20リットルに一度メンテナンスが必要なんだとか。
曰く「ただ20リットルも使用する間に帰国するので別に良いかな」

……
確かに。

プレヒート(予熱)も必要なく簡単単純に使えてオススメだと思います。

ガソリンストーブを使おう

以上の理由からガソリンストーブを激しくおすすめします。

燃料が容易に手に入るのは、とても心強いと思うのです。
自転車旅行者等の人力旅をしている人にはおすすめします。

また他の手段としてアルコールストーブを使う方も居られます。
人の居ないアラスカやカナダでもアルコールは手に入ります。
実際にアラスカとカナダの北部で1週間一緒に走っていた自転車旅行者の方は、燃料に苦労していませんでした。
(アフリカや中南米、中央アジアなどで簡単に手に入るかは分かりません)

自分はガソリンストーブ押しです!!。

ガソリンで動くガソリンストーブ。マジおすすめします。

そんなこんな。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法