自転車旅行者の救世主。無料で泊まれるウォームシャワーのすすめ | Garney.Web

自転車旅行者の救世主。無料で泊まれるウォームシャワーのすすめ

スポンサーリンク

おはようございます。

自転車で海外その辺ほっつき走っているびゃすです。

ウォームシャワーってご存知でしょうか。

簡単に言えば自転車旅行者専用のカウチサーフィン、エアビーアンドビーでしょうか。
最大の特徴なのは無料で宿泊させてもらえること。

ありがたすぎる。

自転車旅行者って毎日の宿泊施設に困るじゃないですか。
「今日はどこで寝よう」
「キャンプ場あるか分からない…」
「お金はあんまりないけども、野宿もやだな」
そんな悩みを解決してくれる。

ウォームシャワーは自転車旅行者の救いです…。
有り難いっ!

今日は何度もお世話になったウォームシャワーをご紹介したいと思います。

自転車旅行者のみが利用できる

特徴の1つとして自転車旅行者のみが利用することが出来ます。

試していないので分からないんですけど、もしかすると※人力旅の人は利用できる気がする。
あくまで気がするですけどね。

自転車旅の経験がある方が、多くウォームシャワーに登録されています。
よって人力旅特有の大変さについて理解があると思ったので、利用できるのではないかという推測です。

(※自転車旅や歩き旅など。公共機関を使わずになるだけ自分の足で前に進むスタイルの人を指して言っています。)

無料で宿泊することが出来る

本当にありがたい。

無料でシャワーも浴びれる

本当にありがたい。

ホストによっては晩御飯もご馳走してくれる

本当にありがたい。

全てのホストがそうではありません。
目安としてホストの個別ページに以下の部分をチェックしておくと良いかもしれません。

上の画像のケースだと、ベッドに食事、ランドリーも使わせてくれることが分かりますね。

だけど、無料で泊めてくれるだけでも嬉しいし、ご飯有りって書いてて出てこなくても私は別に良いぞ。

英語が出来ないと不便

ホストの家にお邪魔するので、当然コミュニケーションが発生します。

よって英語が喋れないと不便です。

英語が喋れなくても旅は可能ですが、不便かどうかは別ですから。
コミュニケーションが取れない歯がゆさに自分もしどろもどろやっております。

適当にヤーヤー言って通用するのは初対面でその日限りの相手だけですから。

英語喋れると楽しいんだろうなと説に思います。

同様にアメリカ以南のスペイン語圏でも同じくスペイン語が話せなくてしどろもどろするのでしょう。

喋れるっていいですね。

旅に制限がかかる

ウォームシャワーでホストと繋がるには、まずはサイトから地域を選びます。
そしてコンタクトを取ります。
(青いマークが各ホストを指している)

メールで泊まりたいという旨を伝えます。

しばらくするとメッセージが返ってくるのですが、返ってこないこともあります。
返ってきても2,3日後だったりする時もあります。

よってスケジュールが縛られてしまうのです。

1日で返ってくるなら気楽なのですが、経験からすると(5ホスト中)初日で返ってきたホストは1人だけでした。

なので「次の日のホスト、次の日はこのホスト」と連続でコンタクトを取ってしまったりすると、なんだかウォームシャワーに全てのスケジュールを縛られている感じになってしまうので、程々にするのがオススメです。

異常なまでに親切で温かいホスト

びっくりするくらい皆親切なんですよね。

カナダのゴールデンのホストは1週間滞在させてくれたし。(テントを庭に張らせてもらって家の中は自由に使えた)

シアトルでは、2泊させてもらって、晩御飯もご馳走になったし外食にも連れて行ってもらって、一緒にアメリカンフットボールを見たりしました。

マクミンヴィルの町では、ダウンタウンを案内してもらったり、バーでビールの飲み比べさせてもらったり。

他のホストもそう、晩御飯食べさせてくれて、洗濯もさせてくれたり、「困ったことあったら何でも言ってね」と家を発った後もサポートしてくれようとしてくれるし。

あまりにも親切にしてくれるので、この恩を誰かに還元しなければならないなと思うようになってきた。

自転車旅が終わったらウォームシャワーのホストになりたいです。はい。

文字通りのウォームシャワー

自転車旅行者って場所にもよりますが、一日で町にたどり着けないことありますよね。
そうなると野宿を強いられたりしますよね。

でなくても節約しようとしてキャンプ場に連泊したりする人も多くいると思います。
結果シャワーを浴びれない日が何日も続いたりするんですよね。

だから文字通りのウォームシャワー。温かいシャワーを提供してくれるこの仕組最高です。
温かいのはホストもそうだし、ほんとう文字通りだなって思うのです。

自転車旅されて居る方はウォームシャワーどうでしょうか。
日本にもホストが居ますよ!。

そんなこんな。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法