自転車でアラスカからカナダへ国境越えしてみたら無人地帯すぎて泣きそうだった

スポンサーリンク

おはようございます。

自転車でアラスカからカナダへ国境越えしてきました!

……というとそれだけの為に行った様に錯覚しますが違います。自転車世界一周中です。道中超えざるをえないんです。

そして初めての陸路による国境越えでした。

その時の様子をはいどうぞ!。な記事です。

アメリカ合衆国アラスカ州のイミグレーション

国境越えと言えば主に空路が多いかと思います。

空路では大抵空港にイミグレーション(出入国管理局。以下イミグレ)がありますね。

陸路ではどうでしょうか。同じようにあるのです。

しかしながら1つ違うのが、アメリカ合衆国アラスカ州側(長いので以下アラスカ側のイミグレ)を抜けてもすぐ側にカナダ側のイミグレは無いっていうね。

これには参いりました。

アラスカ側の最寄り町からアルカンボーダーを目指そう

アメリカ合衆国アラスカ州側の国境(アルカンボーダー)へアクセスするにはまず、トックという町が最寄り町です。

そこから約130km程の無人区間が続きます。車やバイクでは1日あれば十分なのですが、自転車では自転車では2日程を要します。

アラスカ川の国境(ボーダー)付近には一箇所補給ポイントがあるのですが(ガソリンスタンドとコンビニ的なショップ)。あいにくその日はクローズでした。なんでやねん。

ついてない。

よってトックで物資を補給していないと最悪食料不足に陥りますのでご注意くださいね。

アラスカ側のイミグレは素通りできる

アラスカ側のイミグレは実は通る必要がありませんでした。

アラスカからカナダは素通りできるのです。逆にカナダからアラスカへは素通りできません。ちゃんとイミグレを通りましょうね。

ちなみにイミグレを正面から撮影しようとしたら猛烈に怒られました。よって遠くから撮影したものしかありません。すみません。

同様にカナダ側のイミグレもビビって撮れませんでした。すみません。

アルカンボーダーの先も無人地帯だよ

アラスカ側のイミグレを出るとすぐにアルカンボーダーが見えるのですが、国境があるだけでん入国審査は別です。

国境には何があるのか

ここが国境ですよっていう目印とかあります。

ボードに何やら沢山文字が書かれていたりステッカーが貼られていました。
察するに「国境越えたったぜ!」的メッセージかと思われます。

ボーダーを超えた先はカナダ、ユーコン準州の看板がありました。
写真に写っている自転車は自分のではないです。

アラスカ側には「ようこそアラスカへ」看板があります。

アルカンボーダーを超えてからが試練。

アルカンボーダーを超えてから試練は訪れます。

アラスカ側のイミグレを抜けてから約30kmの無人地帯があるのです。

何もありません。

ていうかアラスカ側のイミグレを抜けたら直ぐカナダ側のイミグレがあるのかと思っていたのに、なんでだ?無いのか?!

何もない。マジで何もない。約30kmもなにもない。直ぐに次のイミグレが見えるだろうし、質問のシミュレーションでもしておくかとか考えていたのに何もない。

結局約2時間も何もない「追加の無人地帯」を走ることになりました。「いつカナダのスタンプは貰えるんだ?」って何度も思った。

カナダ側のイミグレ

そんなこんなで2時間ほどがんばって「ひぃひぃ」言いながら走ってきてようやく辿り着いたカナダ側のイミグレ。

すっげぇ簡素。

で、今二人でペアランしているのですが訳あって。仲間ができたのです。

おっちゃんです。(ニックネームもおっちゃんです。以後おっちゃんで通します)

おっちゃんが先にカナダ側のイミグレへ行き質問を受けます。

まあ大体質問はこんなもん。

  • 幾らお金を持っているか
  • 武器は持っているか(ベアスプレーはOKな模様)
  • 仕事は何をしているか
  • ナッツ類は持っているか(これは国ごとに違う気がする)

です。

あんまり何も聞かれなかったし、イミグレの人もフレンドリーでした。

んであっさりスタンプをもらって通過。

「あぁこんなもんか」そんな感じでした。

もちろん対応する人によって質問も変わるでしょうが、自分たちの場合はそうだったということです。

また、アラスカのイミグレからカナダイミグレまで何もなく、あたかも他のボーダーも同様のかと思うかもしれませんが、あくまでここの話です。

そうだ、カナダからアラスカへ行かれる方は、逆にカナダ側のイミグレを素通りできるっぽいです。車がガンガン素通りしていました。

カナダ側イミグレの後はどうなってる?

近くにビーバークリークという小さな町がありましたのでホッと一安心。

まあその後すぐに約200km程無人地帯だったんですけどね。死ぬぜ。

もっとこの出来事を知りたい方へ

ちなみにこの出来事やこの後の事などバックヤード部分は自転車世界一周ノートに書いているので、もし興味あるかたは是非。

自転車世界一周ノートを読んで見る!

2017年6月29日まで無料公開中です。

以降は単品100円。売れ行き次第で月額500円で販売します。

もしよろしければ応援いただけたら嬉しいです。

そんなこんな!

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法