すぐ謝る人へ、あなたの「すみません」は無価値です | Garney.Web

すぐ謝る人へ、あなたの「すみません」は無価値です

スポンサーリンク

20161206-1-min

すぐ謝る人ってって居ますよね。
自分の廻にも居るんですよ、しかも1人2人じゃなくて何人も。

あれは本当にやめたほうがいい。安っぽく見られがちになりますよ。

すぐ謝るとハンデを負う

近年の日本人の特徴なのかなぁ?どうなんだろう。とにかく謝る。速攻謝る。

とりあえず口をついてはじめの一言が「すみません」なんだよね。

「争いを好まぬ優しい良いやつ」なのかもしれないけど、ざんねんながら、この世の中は争いで溢れています。

暴力適争いは無いんだけど、資本主義なんで当然よね。

そんな世界において、すぐ平謝りだの何にしても謝っていると、安っぽく見られる。

要するに、相手に簡単にマウントポジションを取られちゃって、後は言いたいように言われるわけです。

ほんとそれ。

明らかに自分が悪くてもまずは謝らない

明らかに自分が悪いのに謝らないの?と思うかもしれないけど、それくらいの認識でちょうどいいですよ。

謝らないといけないんだけど、初手でいきなり謝らないというのが正解です。

1回様子見て、手応えなしからの、こりゃダメだ。なら謝るみたいな。

明らかに悪いのは分かってんだけど、それでも「ごめん」とは中々言わないようにしています。気の許した友達なら、もうちょい緩い。

それでも意識的に謝らない様にしていて、気許している人だと、すぐごめんって言いそうになるっていうか笑

職場の人とか、特に上司とか先輩とか特に謝らないことにして徹底してるよ。

簡単に謝ると偉そうにされてウザいので。

昔はすぐ謝ってたなぁ。争うのが嫌で。
今もめっちゃ嫌いだけどね。気抜いたら謝ってる時はあります。その度に「しもた!」ってなって反省です。

謝るという価値を最大化させる

謝るのは最後の手段に取っておく。それが一番いい。

「簡単に謝らない人が謝る」事に意味をもたせるんですね。

すぐ謝る人は「謝る」ことへの価値が低すぎます。ほぼ無価値に近い。

似たようなことで言えば、「わかりました」と言うだけ言って、結果解ってなくって同じこと何回も100回も繰り返すことね。

「わかりました」への価値が低すぎて、もはや誰も信用してないっていうね。

価値が低くなっているから、その言葉を使いすぎない。

意識的に価値を上げて、これでもかって所でその言葉を使ってみせる。そうすれば威力は絶大ですよ。

同じ手は何度も通用しないんだよ

簡単に謝る人は、いざって時に謝っでも「またか」見たいな感じで効果が全くないし、その場を何とかするために別の解決策も考えないといけない。

ましてや、ことあるごとに必殺「すみません」をくりだしていは、いざとなった時そのような場を収めるアイデアなど思い浮かばないってもんだ。

そんなんで、簡単に謝んないほうがいいですよ。人としてすぐ下に見られちゃうし、
「すみません」の言葉の価値もデフレを起こして価値が暴落しちゃうますから。

「すみません」は奥の手なんだよ。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法