方向音痴の方が旅は絶対に面白い!迷子になってイベントを起こせ!

スポンサーリンク

20161107-1-min

ただ時間だけが過ぎていく午後に、なんとなしぼけ~っとしていたら随分前に

「自転車旅って良いですね。でも方向音痴だからできそうにない。憧れるなぁ。」

的なことを言われたのを、ふと思い出した。

今になって言いたくなってきたんだけど、言わせてください。

方向音痴の方が絶対旅は楽しい。つまり憧れている位ならやったほうが良いですよ。

方向音痴は治す必要なし

そもそも方向音痴が欠点だと思っているから「憧れているけど~」って考えになるんだ。

方向音痴は治す必要ありませんね。

一昔前なら方向音痴であることは、欠点だったかもしれない。

だけど今はグーグルマップとか見ればいいし、マップ見ても地図が読めないならGPSとか使えばいい。スマホに標準で付いているでしょ?

方向音痴なんて治す必要はなくって、じゃあ方向音痴の良い所を存分に利用しましょうって思考に転換した方がいいですよ。

自分も方向音痴だけど自転車旅やってるよ

かく言う自分も「方向音痴だな」って思うことが多々あるんですよ。

地下鉄に乗って地上に出たらグーグルマップ無しでは現在地さっぱりわかりません。

大阪に住んで4年目になるのかな?大学も大阪だったから計8年位大阪に居るんだけど、未だにこの体たらく。

自転車旅していてもちょっと曲がり角曲がっただけで、今どの方向向いてるとかわからなくなるし。

重度では無いとは思っているけど、軽度な方向音痴だと自負しています。

でも重度とか軽度とか関係なく、分からなかったらグーグルマップで調べたら終わり。

だから方向音痴なんて治す必要なし。

そしてそんな自分は自転車旅行者です。

「自転車で世界一周」に興味を持った理由と自分について。
目次 自分のこと 大好きな物、事、趣味。 自転車旅に興味を持った理由 高校生の頃 大学生の頃 ...
常に道の上を走っています。だけどまーったく問題ありません。

グーグルマップなんて見るな

さっきグーグルマップ見ればいいって書いたんだけど、旅においてはグーグルマップも見なくて良い場合があります。

旅そのものの面白さを底上げしたいなら、方向音痴な人もそうで無い人も、今すぐスマホの電源を落とそう。

そうした方が楽しくなりますよ。

受動の旅から能動の旅へ

現代人は、とにかく何かあればスマホ、スマホとスマホ依存です。

自分なんかも人に言えなくって、ちょっと暇になったらすぐスマホ開いてツイッター眺めたりしてる。

スマホは本当に便利だけど、それがリアルタイムな人とのコミュニケーションの妨げになっています。

スマホの電源を切ればインターネットの世界から断絶され、ひとたび迷子になれば、周辺に居る人の頼りにならざるをえなくなるのです。

これが狙い。

場所が分からないなら人に聞け

結局それなんですけど、人に聞けば万事解決。

別にグーグルマップなんてツールさえ必要なかったりします。人に聞けばいい。

国外だと、聞く人を選んだほうが良いのかな?でも国内なら誰に話しかけたってまあ大丈夫でしょう。

時間に余裕が有るときなんかで迷子になったら自分は人に話しかけて解決するようにしています。だってその方が面白いから。

こないだも地元和歌山に帰った時に、まさかの地元で迷子になり、道がわからなかったので、その辺に居るおばちゃんに訪ねて解決しました。

当然スマホは持っていたし、電池にも余裕があった。でも使わない方が面白いだろうということで人に話しかける選択肢を取ったのでした。

人に聞けば思わぬイベントが起こることがある

これを一度経験しちゃうと止められないんですよ。

以前台湾自転車旅をしたときに、これを初めて味わいました。

語学力が無くて海外へ行く自信がないなら、殆どジェスチャーで何となかなる台湾がオススメ!
9月の17日から21日までの5日間自転車を持って台湾に一人旅に行ってきた。日本の海の向こうには、めちゃくちゃ興味があって、妄想するだ...

5日間の旅だったと思うんだけど、全ての日の宿を現地の人から直接話しかけて教えてもらいました。

自転車の漕ぎすぎて疲労困憊になっていた所を、現地の人に車で宿まで送ってもらったり、食べ物もらったり。なんか至れりつくせりだったな…。そんな経験をしました。

ネット使えなくたってどうにでもなる

台湾では空港でWi-Fiの登録をしておかなければ、国内で回線の利用ができないのです。

それを知らずに空港から飛び出した自分は旅の間5日間ずっとネットが使えない状態だったのです。

ネットが断絶した途端に何も出来なくなる現代人

初めはグーグルマップに頼る気まんまんだったのに、全然ネットに繋がらない。セブンイレブンでも繋がらない。どういうことだ?と出鼻をくじかれたのを覚えてるなあ。

おかげ様で、目的にへの道からその日の宿まで分からないことだらけの自分は、片っ端から人に聞いて聞いて聞きまくった。

「ネットで調べたらいいんだ」とそれに完全依存していたので何も調べていなかったんです。

土壇場になれば嫌でも行動する

英語も中国語も喋れない。とにかく知ってる英単語とジェスチャーで乗り切った。

普段じゃ、街歩いている人に一切喋りかける勇気もない自分が、なんでこんなことできたのか…それは聞かないと身の危険を感じたから。

知らない土地で言葉もわからない。台湾と言っても都市部しか日本語は通じないし、通じるって言っても片言。そんな所で宿も分からない。結構ピンチ!と感じだ。

だから行動に出た。それだけなんだよな~と終わってしばらくたって思う。

そんな経験をしたからこそ、言いたいんだけど方向音痴でネットも使えなかったから人に聞いた。そしたら思わない展開が起こっていい経験ができた。

迷子になってイベントを起こせ

方向音痴は今の時代なら、凄く利点が多いですよ。

リアルタイムなコミュニケーションが減った現代で、方向音痴を理由に人に話しかけられるのだから。

道を聞くだけで、そこからいろんな展開が起こる。他愛の無い話から、「じゃあ、送っていってやるよ!」と助けられたり。一度経験したら止められん。

このスタイルは次のアラスカ旅でも実践しようと思っています。

唯一気をつけないといけないのは変な人に引っかからないようにすることだけど、まあそんなこと頭いっぱいにして考えてたら何もできないですからね。

方向音痴は旅にでよ

方向音痴だから旅が苦手とか一人旅できないとか自転車旅できないとか、いやいや逆やん、むしろやった方がいいって思う。

方向音痴じゃない人はカンだとしても、スルスル前に進んじゃうし、人に聞くチャンスを自ら捨てている。イベントを起こすチャンスを逃している。

方向音痴なら嫌でも聞かないと前に進めない。

そこでグーグルマップなんかに頼らずに人に聞けば、もしかすると驚きの体験ができるかもしれないよ。

面白いか面白くないかは、誰のせいでもない。全て自分の行動にかかってる。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法