自転車旅に最適なノートパソコンは、軽い小さい衝撃に強いDELL XPS13がおすすめだぞ | Garney.Web

自転車旅に最適なノートパソコンは、軽い小さい衝撃に強いDELL XPS13がおすすめだぞ

スポンサーリンク

20160626_1-min

自転車旅専用のノートパソコンをついに購入しました。
旅専用のノートパソコンの選び方について以前書いたんだけど……

自転車旅行者による旅専用ノートパソコンの選び方


結局こいつに落ち着いた。DELL XPS13です。

旅に持っていくパソコンと言えばMacが多いだろうけど、探してみれば色々あるものです。
Mac意外の他の選択肢になれば良いなと思う。

DELL XPS13は超コンパクト

20160626_3-min

いやまあ他のPCも薄くて軽い。なんならもう少し軽いのもあるくらいだ。
だけどDELL XPS13が凄いのは、13インチのディスプレイサイズにもかかわらず、11インチ程度PCサイズしかないんですよ。本当に超コンパクトです。
同じ13インチのノートPCと比べると一回りほど違いますよ。

「じゃあ11インチのPCでもいいやん」と思うかも知れないけど、11インチサイズのディスプレイは少々作業するには小さすぎるんです。
当然その分コンパクトで軽くて薄さもあります。だけどちょっとディスプレイサイズが小さい。本当に絶妙に小さいのです。

かといって15インチのPCは大きすぎるんだなあ。
DELL XPS15と13で比較してみました。
20160626_5-min
二回りどころか三回りくらい違うでしょ?
そうすると結局一番ちょうどいいサイズが13インチなんですよね。

ディスプレイの縁(ベゼル)が限りなく無い

DELL XPS13がこんなにもコンパクトで小さいのには理由があって、ディスプレイの外側に付いている縁(以下ベゼル)がほぼ無いんです。

普通ノートPCでなくても、ディスプレイには画面の外側にベゼルがあると思うんですね。
最近のスマホはこのベゼルが無くなってきてスッキリした印象になっています。
例えば最新のMacbookと比較するとこんな感じ。(右が自分のDELL XPS13。左がMacbook。)
20160626_2-min

上の写真を見てもらえると分かる通り、ノートPCではこのベゼルがまだまだ残っていて、
それもけっこう太い。

1.5cmはあるんじゃないでしょうか?1.5cmということは左右合計3cmあるわけですが、DELL XPS13 は限りなくこのベゼルが無いがわかります5mmくらいしか無いんじゃないかな、目視だけど。
だからその分スッキリしていて本体サイズも横幅と縦幅が他の13インチノートPCよりもコンパクトなんです。

DELL XPS13はハイスペックだからサクサク使える

20160626_6-min

薄くて小さいそして作業するに申し分のないディスプレイサイズを兼ね備えていて、
おまけにCPUなどの処理系も十分な能力を持っています。

スペック表

OS Windows 10 Home 64ビット 日本語
CPU 第6世代インテル® Core™ i7-6560U
メモリ 8GB LPDDR3 1866MHz
ハードドライブ 256GB ソリッドステートドライブ
ビデオカード インテル® Iris™ グラフィックス540
ポート USB 3.0 x 2(1つはPowerShare対応)、メディアカードリーダー
ヘッドセットポート x 1、セキュリティケーブルスロット x 1
.Thunderbolt™ 3/USB 3.1 Type-Cポート(兼用) x 1
寸法 幅304×奥行き200×高さ9~15
重量: 約1.2kg~(ノンタッチ)1.29kg~(タッチ)
カメラ ワイドスクリーンHD(720p)Webカメラ
デュアルデジタルアレイマイク
ディスプレイ 13.3 インチ FHD AG (1920 x 1080)
バッテリー持続時間 最長18時間のバッテリ持続時間

スペック表を見てもらってもピンと来ないとは思うけど(自分もそんなピンとこない)
これほどの能力があるなら大抵の処理は心配ない。例えばFF14などのハイエンドオンラインゲームでもプレイに支障をきたさないスペックかと思われます。
別にゲームに使うわけじゃないけどね。

例えば自分の場合の使用用途はこんな感じ

  • ブログを書く
  • 写真加工
  • 動画編集
  • ネットサーフィン
  • SNSでコミュニケーション

これらを一つずつ行う人は稀ですよね。大抵同時並行で行います。
ブログ書きながらネットで探しものとか、探してたら面白いサイトが見つかって誰かにシェアしたいとか。

ブログを書く程度の作業ではもっと低スペックなPCでも十分実現可能ですが、例えば写真加工や動画編集を想定した場合もっと性能が欲しい。

そうなった場合当然最新機種の方が良いんだけど、その中でもDELL XPS13は断トツでコンパクトで軽くてそして、能力も高い。

ディスプレイの大きさの選択性に、処理能力はデスクトップPCには当然劣るけど、
それでも5年位前の高スペックなデスクトップと同じ位の能力は持っているのではないでしょうか。

DELL XPS13は様々な環境でも使用できる

コンパクトで薄くて軽い、そして十分なスペックを持ち合わせていることは、つまり多くの環境で便利に使える幅広い汎用性を持っていることを表します。
ほとんどの場所で使える!

残念なことに、極寒の寒冷地に、砂漠地帯、灼熱の大地ではちょっと厳しい気がするのだが、それは他のPCでも同じことだし…
またここをカバーしようと思うとPCのサイズが大きくなるし重さも増える。それより軽さとコンパクトさを重視しました。

一応あったんですよ!。すっごいごっついのがさあ。でも自転車旅等を想定した際にちょっと尋常じゃない重さだった。だからやめた。まるで漬物石だったわ。

まあ上に上げた地域以外では作業に問題ないかと思っています。
大きく重いPCは能力が向上するしディスプレイサイズも大きいので作業効率も上がります、でもこれでは持ち運びに難があります。
そうするとどこでも使えないないですよね。それだと自転車旅を想定した場合失格なのです。

だけどDELL XPS13は小さくコンパクトで軽くてスペックも十分。だから多くの地域でストレスなく使えるのです。(使えるはずだ!)

きっとアフリカでも砂漠地帯じゃなきゃ余裕ですね。北欧でも多分行ける!アジア余裕余裕。南米?あ、余裕っす!(希望)

DELL XPS13は駆動時間も超長い

持ち運びを考えた場合、コンパクトで軽いことは重要だけど、もう一つ気になる所がありますな?それは駆動時間ですね。

駆動時間が短いと電源が確保できない環境で使用するのには不安が残ります。
例えば自分なんか高野のど真ん中で使用する可能性があるので。

「ブログ書きてぇ!」と書きたい衝動にかられても、駆動時間が短いせいで、いつ電源が落ちるか気になって気になって作業どころではありません。

最近のノートPCであれば8時間程度の駆動時間は普通です。
だけどもうちょっと欲しくないですか?
毎日家に帰えれば電源確保できる環境なら良いんですけど、自分はそうでないので。

自転車旅行を想定するなら2日は持って欲しい所です。
2日はというと48時間だけど、PCを使用している時間で2日持てば良いんですよ。
恐らくだけど、12時間位駆動時間があれば大丈夫だと想定しています。

さてDELL XPS13のバッテリー駆動時間はなんと18時間です。
あ、もう電源確保できない期間が3日でも、酷使しなければ余裕な気がするな?

おそらく普通に使う人はここまでのバッテリー駆動時間は必要ないと思う。
この駆動時間の長さは途上国や電源確保が中々できない環境に行く人には魅力的でしょうね。

少し話がそれるけど。
少々本体サイズを大きくしてもいいならVaioZのクラムシェルモデルは超絶オススメだ。
なぜならバッテリー駆動時間が27時間だから。ちょっと駆動時間おかしいな?!
いろいろ調べていたんだけど、これは軍を抜いて駆動時間が長かった。
ここまでバッテリー駆動時間は必要なのか分からなかったが、歩き旅とかしたい人はこっちのがいいかもしれない。
重量はほぼ一緒で、スペックも拘らなければほぼ一緒だと言えます。こっちもマジでオススメです。

※駆動時間が18時間でも、使用方法によってその時間は変動します。

DELL XPS13は振動に強いSSDを搭載しているぞ!

当然PCの持ち運びを考える場合振動について気をつけたいですね。
本体が壊れるから?という意味ではなく、記憶装置が故障しない様にだ。

記憶装置というと一般的にハードディスク(以下HDD)のことだけど、これが振動によって壊れやすいんです。

磁気ヘッドと呼ばれる部分でデータを読みに行くこの部分は振動に弱く壊れやすい。
持ち運ぶ上でHDDと搭載していることはそれだけで大事な保存データが消えてしまうリスクを背負うことになります。

ましてや自転車旅で使うんだ。ずっと揺られているわけでここはかなり気になっていました。
ですが最近のノートPCはSSDを搭載していることが殆どで、SSDは振動や衝撃に強いんですね。

振動や衝撃によって壊れにくいので持ち運びにぴったりです。
残念なことにSSDはまだまだ発展途上なので記憶容量が少ないのだけがネック。

HDDであれば1Tの容量など最近では当たり前ですが、SSDでは128GBから256GB程度です。
これではちょっと容量について心もとないですが、壊れてデータがなくなるよりマシだし、何より超高速にデータを読み取ったりできます。
(メモリが少ないPCでもスワッピングが早いので快適!メモリが4GBでも全然いいのだとか・・・)
よって外付けHDDが必要になるのだけど、それはまた別の話。

DELL XPS13はType-CのUSBポートが備わっている

地味な場所かもしれないんだけど、USB-TypeCポートを搭載してます。
以下の写真の雷マークみたいなのがそうです。
20160626_4-min
Type-Cポートというのは、USBの差込口の形状のことです。それが何か?って話だな?

従来のUSBポートって上下反対だったら差し込めないですよね。
これが地味に面倒で「あぁ逆か…」って指す度にリトライする人も少なくないと思います。自分なんか毎回リトライしてる。

Type-Cポートでは上下反対だろうがなんだろうか刺さってくれるので、その辺りのストレスが無いんですよね。かなり快適です。

んでなんでType-Cポートが使えるか使えないかを拘っているかというと…
徐々にこれがデフォルトスタンダードになってきているからですね。

Type-Cポートを備えたスマホは今は普通になってきてる。
自分の持ってるスマホもType-Cです。
これはつまりね、Type-C対応のUSBケーブルを一つ持っていればどの機器でも対応可能だということです。
しかし今のところまだまだType-Cと従来のType-A,Bが混在しているので、もしスマホがType-Cだとしたらケーブルを2本もっていないと不便でしょう。

そんな感じで
何年後か未来も使っていることを想定するなら、Type-Cポートを搭載しているPCを買っておくといいかもしれない。将来的に他の機器と接続する際に圧倒的な利便性を発揮するでしょう。

自転車旅を想定したノートPCへの振動対策について

自転車旅を想定した話を少しだけしておこうと思う。
自転車旅でバッグといえばフロントバッグだけど、これは自転車の前輪後輪の側面に設置されますよね。されるんです。

ってことはもろに振動を受けるんですよ。
こんな部分にPCを入れるので何も対策していないと壊れる可能性が高い。
だからこそ対策の1つとしてSSD搭載のPCは必須だと言えます。

背負って持ち運びするのがベストなのは知っているのですが、それはサイクリンやポタリング等の小旅行と言えるレベルの話で、自転車旅で背負って持ち運ぶのはあまり良くない。

1日中背負い続けるので背中への負担が大きくなるからです。それも毎日負担が掛かります。
自分の体と応相談ではあるけど、なるだけ体への負担は減らした方がいい。

PC本体は軽いとは言え、ちりも積もれば山となります。
結局のところ、長時間の自転車旅において「物」は自転車に全て預けるのがベストです。

そうするとPCの振動問題に戻ってくるわけで、つまり「データを守るためにSSDが安全」
って答えに行き着くんですよね。

昔だったらHDDしかないしクラウドも無かったので、本当にPCはデータが消える覚悟が必要だったと思います。
だけど今はSSDで対策できますよ。
自転車旅行者はSSD搭載のノートPCを持って行きましょう。

ノートPC側で出来ることはこれくらいかなと思います。
ノートPCはいくらコンパクトとは言え精密機械なので、振動に晒すような環境で持ち運びするものではないのです。

DELL XPS13は持ち運んで作業するのに超最適だ

DELL XPS13はコンパクト、軽量、スペックも十分。
バッテリー駆動時間も超長い。振動にも強い。作業するのに調度良いディスプレイサイズ。
持ち運んで作業するのに最適な作りになっています。

Mac Bookもいいけど、DELL XPS13もいいですよ。
特にバッテリー駆動時間ではMac Bookと比べれば圧倒的コストパフォーマンスですから。

軽量で小さくコンパクトで衝撃に強く、さらにデザインもスタイリッシュなDELL XPS13は自転車旅で使うノートパソコンにおすすめです。自転車旅じゃなくても最高に使い安いですよ。

後気になるのは、極寒の地と灼熱の大地と砂漠で使えるかどうかだ。

そんなこんな!

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法