自分は行動力が無い?なら我慢の限界を超えればいいだけだ

スポンサーリンク

20150525_2-min

行動力がないから行動できない。これって実は嘘なんだよなあ。
行動力が無いというなら自分だって行動力0だ。0どころかマイナス行ってそうだよ。
何をするのにも色々考えるし、中々前に進まないことが多いからさ…。
実際に自転車で旅立とうと決めるのに5年近く掛かってるいるのだぞ。


早よ行け。

行動力が無いとはどういうことか

「行動力が無いからダメだ」とこう言う人たちはきっと頭の中であーだこーだ考えている。「この時はこうだ、でもこうかもしれないな?」

用心深くて成功体験も少ないから失敗が怖い。頭の中では「やりたいことがあるなら、やればいい」で解決しているのに数秒後には「でもなぁ」と堂々巡りしてるんだよ。
これが「自分は行動力が無い」と言ってしまう原因。

「行動力が無い」の正体は成功体験が少ないので失敗が怖いことから来るのです。

こないだストレングス・ファインダー診断をやったんだけど、「内省」で「身長差」を含んでいると「行動力不足だああ」って自己嫌悪になります。そう、過去の自分だぞお。

ストレングス・ファインダーで自分の強みを知り、退屈な毎日とさよならバイバイだああああ

行動力を付けるにはどうすれば良いのか

行動力を付けるにはどうすれば良いか。
我慢の限界まで行動しないことです。

こういうのって「小さな成功体験を積み重ねるのが一番!」とか言われてるけど。
小さな成功って大して「成功した!」って思えないんだよな。

小さすぎて味がしない。病院食より味が薄い。
ちりも積もれば山となるのは真実なんだけど、積もるまでが大変過ぎて諦めてしまう。

かと言って「小さな成功体験」のサイズを少し上げると今度は辛い。
行動力が無いって言ってる人はこの小さな体験をクリアするのさえ億劫なのだよ。
自分にも言ってるけどね。

自分なんかゆとり世代の代表格なので「すぐに結果出ないと」なんか味気なく思えてしまう。
だからゲームとか好きなんだよね。だってちょっと敵倒したらレベル上がるやん。すぐに成長して強くなった実感を得てしまう。

これが染み付いている自分達には「小さな体験」なんてワロスなんだよ。
ゆとりが悪いということでは無いよ、ゆとりにも良いこと沢山ある。

え?ゆとり世代って良いことばっかりやん。

だから我慢の限界まで行動しない選択を取ってみるのを勧めます。
死ぬほど喉が乾いていたら、どうにかしてでも水を求めるようになる。そんな感じです。

この方法は思った以上にスッと重い腰を上げてしまうから、前に進めなくて辛い人は是非試してみて欲しい。目の前あるハードルに簡単に挑戦できるようになる。
20150525_1-min

行動力など我慢の限界を超えれば幾らでも備わってくる

自分は面倒くさがりで内向きで用心深くて、そらもうどうしようもない位行動力0な奴です。
つまり根暗です。言ってて悲しくなるな。

でも自転車旅は出来るんですよ。野宿だってお手の物です。もう20回以上はやってると思う。行動力あるじゃん?嘘。無い。

このカラクリは簡単です。
ただ単にやりたい気持ちが「でも・・・やっぱり・・」と自分を押さえつけてる感情を突き抜けてしまっているからなんですね。

やりたくてやりたくて仕方がないことって、
理性とかそういうものじゃ押さえつけられないんです。
「でもさ・・でもでも・・あぁ・・でも・・・」<「うっせぇ!やりてぇぇええ!!」
こんな感じ。

子供の頃宿題やらずに友達と遊んだでしょう。ゲームやったでしょう。
やりたくて仕方がないんからやってたんです。
我慢の限界を超えるとはこういうことなのです。

限界突破の末にどうなったのか、自分の例でご説明

自分は大学生時代の時に就職活動をするのが嫌で嫌で仕方がなかった。
皆同じスーツを着ていて、まるで民族衣装の様に感じた。

「皆と同じことしていて何になるのだろう・・・」そう感じて殆どやっていません。
だから何か代わりにしたのか?と言うと何もやっていないんですけど…。
まあ理由はどうあれ直感的にやりたくなかったんでしょうね。

よって案の定就職せずに大学を卒業してからはニートになりました
一応バイトはしていたけど、週4日の5時間しか働いてなかった。
四捨五入なニュアンスでニートですよ。

しかしこんな性活でも1年も過ぎると飽きてくるんです。
飽きて飽きて…つまらなくてどうしようもなかった。

そうすると就職しようと考え始めるんですね。気づいたら就職してました。
このことを面接で伝えたらすんなり通った。んで今に至ります。

自分は就職について何にも苦労してません。
嫌だから就活せずニートになり、就職したくなったから就職した。
ただそれだけのことです。

そして今度は仕事に飽きてきたので旅立ちます。シンプルでしょ。

「自転車で世界一周」に興味を持った理由と自分について。

行動力など有って無いようなものだ

「行動力が無い」だなんて言うけど、そんなものは有ってない無いようなもの。
面倒くさがりで、腰が激重だとしても関係ないんですよ。

要するに「これやりてぇ…やらなきゃ死ぬぅううう」ってものを持っているかどうか。

何もないなら「ご飯食べてぇ」でも良い。食べたくて食べたくて仕方がないって位まで我慢して、それから食べてください。めちゃくちゃ飯がうまいから。

その美味しさを感じ取れたら次は別のことやってみましょ。
トイレ我慢するのでも良いんじゃないかな。我慢の限界を超えたら人は動きます。

それでもやらないってことは自分にとってそれ程度のことだったんですよ。
その程度のことをやろうとしても、さほど長続きませんから止めた方が良いんじゃないかな。

自分は次、世界中自転車で走り回ります。特に理由はありません。やりたいからやります。
あなたは次何しますか?

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法