携帯洗濯袋スクラバを使えば帰る家が無くても洗濯に困りませんね

スポンサーリンク

自転車で世界を旅するにあたって問題は山積みなのですが、
今日の問題は洗濯事情と行きましょう。

每日を荒野やら砂漠やら森の中やらで過ごすことの多い自転車旅行者がその日の内に街に辿りつけない場合、洗濯等どうするのか。
野宿が1日程度なら良いんですけど2日3日となってくると少々辛い。
そんな時に活躍するのがScrubba(以下スクラバ)と言う携帯洗濯袋です。

スクラバを開封してみた

はい、これがスクラバです。超コンパクトです。横幅20センチ位です。
20160427_1-min

開封したらこんな感じ。結構デカくなった!でもペラペラ軽い!
20160427_2-min

このスクラバと水さえ有ればどれだけ野宿しようとドロドロの服を洗濯することができます。

自転車旅行者における洗濯事情

初めにも少し触れた通り、
海外を走る自転車旅行者は1日で街に辿りつけないことがあります。

その日の内に街に辿り着いてもホテルにあえて泊まらない場合もあります。
費用削減の目的ももあるし、単純に野宿したいからかもしれません。
あ、結構自ら進んで野宿したい人居るんですよ。
自分は別にそうでもないよ。

費用削減の意味ではヨーロッパでは大活躍しそうですね。
ヨーロッパでは例によって物価が超高いので、自転車旅行者にとっては難所とも言える地域なのです。なので野宿者が多いです。

バックパッカーであれば安宿に泊まってそこで洗濯すればいいんですけど、
自転車旅行者はそうも行かないことが多いのです。
歩き旅の人なら、10日位普通に歩き続けることもあるらしいので大活躍しそうですね。

ドロドロ汗まみれの服を着続けても平気な人も居るんだけど、自分は流石に3日も4日もそんな服を着たくないのでスクラバを持っていくことにしました。

無くても一応洗濯はできます。
でもまとめて水を貯めておく場所って重要じゃない?そんな感じ。
バケツでもいいんだけど、スクラバは携帯用バケツとしても使える。
20160427_9-min

おまけに洗濯しやすい設計になっているのだ。

スクラバはどれだけの衣類が入るのか

どれだけ入るのかと言うと、感覚ですが・・・
中にはTシャツ3枚。靴下6着、パンツ5枚位なら入れて洗えそうな気がする。
入れようと思えば全然もっと入ると思いますけど、洗うの大変になりそう。
少ないほうが当然洗いやすい。一人分だったら全然余裕で洗えます。
恐らく1人~3人までが一度に洗える限界かな。

これは洗うことを考えての枚数です。しかしパンパンに入れて何か持ち運びたいと言う全く間違った用途に用いるなら、かなり入ると言っておきたい。

パソコンも入りそうだし、食料入れにも使える。何と言っても防水だ。
何か寝袋も入りそうだった。
あくまで洗濯袋だが、使い方次第で可能性は無限大なのだ・・・

早速スクラバで洗濯してみた

洗濯手順は以下の画像の通り。

20160427_13-min

  1. 水と洗剤と衣服をスクラバに入れる。
  2. スクラバを閉じる
  3. スクラバの中に溜まっている空気を抜く
  4. 洗う
  5. すすぎと脱水を行う
  6. 最後に干す

これだけ。まあ普通の洗濯ですよね。これをスクラバでやってみたいと思うよ。
この日のために洗わず大切に置いといたジオライン様の出番です。

20160427_3-min

ジオライン参考:寒い気候の地域を旅するならインナーはヒートテックではなくて、ジオラインで決まりやろ?!

スクラバに水と衣類を入れる。
入れました。暗黒物質が底に見えますがジオラインです。
20160427_5-min

洗剤を投下します。アタック!
20160427_6-min

入れました。
20160427_7-min

スクラバを閉じます。
袋の入り口からクルクルと巻いていく感じですね。
20160427_8-min

巻き終わったらカチッと固定します。
これで完全に袋状になりました。水だけを入れればバケツとしても全然使える。
なんなら見てくれさえ気にしなければバッグにも大変身。
20160427_9-min

スクラバの中に溜まっている空気を抜いていきます。
真空まではいかなくともなるだけ抜いておくと良いと思う。
20160427_10-min

空気を抜いたら、通気口となってる部分を閉じてしまします。
20160427_11-min

後は洗うだけ!
犬の腹をワシャワシャするようにやっちゃってください。
ワシャワシャワシャ。ゴリゴリゴリ
ゴリゴリゴリ・・・・ゴリゴリゴリゴリ・・ワシャぁ・・
20160427_12-min
洗う作業は30秒から3分で良いらしいですけど、洗濯の量にもよるかと思います。
目安程度に思っておくといいかと。
んでこれで後は干してお終いです。(スクラバも干したげて)すげえ簡単だ・・・

スクラバはちょっと洗い物をするときに超捗る

慣れたら5分位で終わりそうです。量にもよるが?
別に自転車旅行者ではなくともキャンプとかでも大活躍しそうだし。
例えば洗い物し終わって「あ!数着洗い忘れた!\(^o^)/オワタ」って時にも、スクラバは使えそう。

何と言ってもコンパクトで超軽い。全然かさばりませんね。
ミニマリストの方にも褒められそうな一品・・・
自転車旅行者はスクラバ必須じゃろ?
これで真のノマド自転車ライフにまた一歩近づいたわ。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法