人に対して誠実でなければ、そこから良い流れが生まれることは無い

スポンサーリンク

自転車で世界中旅をすることはネットでこそ公言しているんですけど、リアルではあまり言ってないんですよ。特に仕事の同僚や先輩達には。

友達には言うことはあるんですけどね。
職場の人に言わないのは、やっぱり残り1年切ってますが「居づらいなあ」って思うじゃないですか?それがネックになっていて秘密にしていたんですね。

秘密にし続けることは必要な時もあります。
ですが基本的にはオープンに打ち明けてしまう方が良いことを身を持って体験しました。

秘密にすることは相手にとって不誠実なんです。本音で喋らずに隠しごとを秘めていると、お互いに良い意見を交換出来なくなってしまうんですね。

誠実な態度でなければ、心にもやもやが残る

職場の先輩にこんなことを言われたんです。

「今後のお互い関係を良いものにしていきたいねん」

自分は個人の依頼としてその先輩から仕事を貰うことが殆どなので、その流れでこの様な話になったんですよ。

だけど凄くもやもやします。何故なら来年から自転車で世界中を旅する計画だからです。
それなのに凄く期待してくれてるし「今後も仕事を一緒にしていこう」って前向きに言ってくれてるんですよ。
無論その先輩に自転車旅のことは一切言ってないですよ。

20160418_2-min

今までもこんな風には言われたことがあってその度にもやもやしていたんです。
以前にやりたくないならやらなくて良い。ハッキリと意思表示をしよう。
って記事を書きました。
そこでは個人で受ける依頼なんて乗り気じゃない。やりたくないならそう言えばいい。って書いてるんですね。
確かにやりたくないことはやりたくないって言えばいい。それは今も変わらずそう思います。

だけど意外とそうは思ってても断れないんですね。
個人で受ける依頼が嫌なんじゃないのか?だったらやらなければいいのに、なんで断れない?
これがどうしてか解らなかったんです。

これの答えは期待されることに対して後ろめたさを感じていたからだと気づきました。
期待してくれるのは嬉しいしそれに応えたいとは思う。けど実際は来年から自転車旅に出るので無理だよと。それをキチンと伝えていないことによる後ろめたさです。

肝心な部分を隠しているせいで相手もそこが分からないんです。当たり前ですね。
だから「今後も一緒にやっていこう!」って期待するんですね。
それって相手に嘘をつき続けているのと同じゃないでしょうか?。凄く相手にとって不誠実ですよね。

これではダメだなと我慢できなくなり、ついに本音で話すことを決意しました。

誠実な態度で話すこと

「自分は今年で仕事をやめて自転車で旅にでるんですよ。嘘じゃありません。
だからすみません。良い関係というのは今年で終わりです。」
こんな風に伝えたんですね。

そうすると「自転車旅がんばってな!もし資金不足になったら言って!」
続けて「旅が終わったらまた仕事しよう!」

もうビックリするほどあっさりと肯定してくれました。
おまけに強力してくれると言ってくれたんですよ。
ホント嘘みたいだと思った。

20160418_1-min

自分は今年できっぱりと互い仕事関係を白紙にしようと思っていたし、今後その先輩からの仕事なんかに絶対やらないと思ってた。
だって無理じゃないですか。インターネットも繋がらないような場所に居ることも多々あるだろうし、今見たいに簡単に連絡取れないですよ。
スピーディに仕事をこなすこともできないし、バグがあっても直ぐに修正できません。
迷惑を掛けるだけですよね。だから諦めていました。というかもう別にやりたいとも思ってなかったですね。
無理だと決めつけてたのでそこに意識は向けていなかったと言うか。

それが、それでも「困ったら言ってくれ」と言ってくれました。
当然、実際は頼る気はないんですね。それに頼ってしまうとズルズル甘えてしまうから。
自分の事なので自分で解決しようと思っています。
そんなこんなで今年いっぱいは互いに協力しあうことで合意しました。
自分も旅の資金の足しにできますからね。

本音で言うことで相手も本音で返してくれるんですよ。
そのおかげで、互いの意識を共有することに成功もしましたので、相手もそれを前提で今後も動いてくれることだと思います。
これって凄く誠実なことだなと思います。

相手のことを気にして言いたいことを隠すことは不誠実

20151113_1

相手のことを気にして、言わない方がいいと思っていることこそ不誠実。
嘘をつき続けているんです。

こないだ読んだ武器としての書く技術にも書いてありました。

自分を偽り、本当に言いたいことを言わずに、周囲の顔色をうかがいながら、生きて、死ぬということです。ぼくはそんな不誠実な生き方はしたくありません。

また本心を語らないという態度は、他人に対しても不誠実です。
たとえばぼくが本心では「雇われライターではダメだ」と思っているのに、いざ友人の新聞記者の目の前に立つとおじけづき、「いやー、新聞記者ってすばらしいと思いますよ。このまま定年まで働くといいんじゃないですか?」と語るとするならば、それは彼/彼女に対してもたいへん不誠実です。だって、それウソじゃないですか。

本当にそう思うのなら、面と向かった時でも「独立考えてる?これからこの業界ヤバいし、会社のの外での活動も広げた方がマジでいいと思うよ。ぶっちゃけ雇われライターはこれから厳しいよ」と語るのが、誠実であるということでしょう。

相手にウソを付いてわざわざ話す必要はありません。

なんでも言えばいい訳じゃないけど、言ったほうがいいことは隠さずオープンにした方が自分のように良い流れを作ることができますよ。
能ある鷹は爪を隠すとかいいますけど、爪を見せたほうがいいことも多いんです。
こういうのは互いに敵対関係にある場合に物をいうんじゃないかな。
そうでもない人にわざわざ隠し続ける必要もありませんね。

誠実であれば、そこから良い流れが生まれる

20160418_3-min

まさかのヨーロッパまで自転車で行ったら、醤油とご飯持って行くわとか言ってくれましたよ!。
嘘でも嬉しいですね。実際に来たらだいぶ面白いですね。
ブログネタになりまくるので来て欲しいですねw

良い流れって本当に生まれるんですよ


こんなん自分一人じゃ思いつかない。
ネタとして面白そう!
っていうかフランスに醤油10種類もあるのか?あるか。

こんな感じで内に秘めていることをさらけ出して言うことは大事なんだと今回実を持って知ったわけです。
互いに誠実ならば関係がクリアになって、良い流れが生まれますよ。
そうなれば、前向きになれるっていうか、何でも上手く行く気がしてきませんか?

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法