やりごたえ超満点のRPG ダークソウル3を遊んでみたので感想書きます! | Garney.Web

やりごたえ超満点のRPG ダークソウル3を遊んでみたので感想書きます!

スポンサーリンク

20160326_1-min

ダークソウル3発売しましたねー。このシリーズ大好き!。初日から遊びまくったので感想書きまくるよ!。

このゲームは一見難しいけど、何度もトライしていると徐々に徐々に前に進める感覚。
探索すればするほどマップの構造が直感的に分かる。計算されつくされたマップ設計。
そして謎の中毒性。

んでタイトルからも分かるように3作目です。これとは別に2作同系統のソフトも出ております。興味あったら遊んで見てください。めっちゃ面白いです。

じゃあ、さっそく遊んでみた感想を書いていきますよ。キャラメイクはすっ飛ばします。
ただでさえ家帰ってくるの遅いのに、ここで時間を使う訳にはいかんからなっ!

キャラクターは素性(職業)は「伝令」にしてみました。

20160326_23-min

素性は以下の通りです。素性は職業みたいなもんです。
ちょっと先に素性の補足。
筋力と技量というのは、能力値によって装備できる武器の種類に違いがある、程度に思っておけばいいと思う。
魔法とは魔術、呪術。奇跡の三種類。
理力は魔術に、信仰心は奇跡に。両方高いと呪術が使用可能。
魔術は攻撃とちょっとした補助。
呪術は火を中心とした攻撃魔法が多い。
奇跡は回復と補助。攻撃には向いてない。

  • 騎士: 体力が高い。体力が高いと重たい鎧も装備が可能。つまり防御力も高い
  • 傭兵: 騎士に比べると筋力や体力は低いが技量が高い。武器の選択肢が広がります。
  • 戦士: 全素性の中で一番筋力が高い。接近戦がしたいならこれ。魔術等は使いにくい。
  • 伝令 : 全体的にバランスが取れたステータス。回復奇跡も使える!
  • 盗人 : 運と技量が高い。運が高いと敵を倒した時のアイテムドロップ確率があがるよ
  • 刺客 : 技量が高くて魔術も使える。武器と魔法の両津した戦術が可能。
  • 魔術師 : 主に魔術で戦うスタイル。魔術で遠くから圧倒したい人向け
  • 呪術師 : 理力と信仰が高い。呪術と魔術、奇跡を用いたした戦い方ができる。初心者にはちょっと難しいかも。
  • 聖職者 : 信仰が高い。奇跡を使える。主にサポート面で優秀。慎重な人は良いかも
  • 持たざる者 : 装備品なし。能力も無し。あえて困難に立ち向かいたい人向け。

でも気軽に選んでOK!どうせ後から好きに育てられるよ!

ユーザーインタフェースはどうかな

20160326_4-min

いつもと同じですねー。安定安定。
すっきりしていて良いですね。

左から装備、イベントリ、ステータス、メッセージ、設定。
下の5つの枠に道具をセットしておけば、イベントリを開かなくても使えます。
使用頻度が高くなく、でもたまに使う程度の道具をセットしておけば捗るな?!

20160326_7-min

イベントリ画面もいつも通り。
道具選択、中央は道具の説明。右側が自身のキャラクターデータですね。

道具の説明について

20160326_7-min

このシリーズでは道具の説明はとても重要。
ここを読んでストーリーを補完、理解します。
ゲームやっててもストーリー良くわからないんですよ。本当にストーリーは有って無いような感じ。10%位しか理解できません。
道具等の説明を読んで残りの90%を補います。
したがって、ストーリーは人によって解釈が変わります。
ここが面白い所なんだよなあ。自由に考えちゃってください。

メッセージについて

20160326_8-min

メッセージを書くと、地面にオレンジ色のエフェクトができるんですね。
これはオンライン上で共有されていて、誰かが書いてるんですよ。

読むことでこの先の罠の情報。アイテムの情報。何が待ち構えているのかを予測することができます。
ただし、このメッセージ人が書いてるので嘘情報かもしれません。
何度「一歩前に出てみよう」のメッセージに騙されて崖から落ちて死亡したことか・・
やったことある人ならわかるよね?!笑
嘘か真か、それは自己判断。自己責任。このやり取りも面白いですね。

血痕とは

20160326_9-min

毎度おなじみ血痕。
ほらこんなに落ちてる・・・
これは他の誰かが死亡したポイントを意味します。触れると死亡までの一部始終を見ることができます。赤い人影が出てるでしょ。これがそう。

この血痕が沢山落ちてるってことは?わかるな?ヤバい奴がいるってことだ・・・

20160326_10-min

しにまーす。
こいつかぁ・・10回ほど挑んだけどコテンパンにやられました。まだ無理ですねえ。

ロストについて

はいロストー。

20160326_11-min

スクリーンショットの右下にある148って数字。これは敵を倒した時に得られるソウルです。
経験値であり、お金でもあります。

20160326_14-min

これを使ってレベルアップします。

20160326_24-min

レベルアップさせてくれるのは、おなじみ火防女。

20160326_13-min

道具もソウルを使って買います。

20160326_15-min

武器の強化にも使用します。

20160326_12-min

懐かしの鍛冶屋のアンドレイさんです。ダークソウルやってみてね。

つまり、ソウルってめちゃくちゃ貴重!何をするにもソウルが必要になってくる。
これ死亡したら0になりまーす。泣けるね。
でも安心して!。死亡地点まで戻れば落としたソウルを全て回収することができます。

20160326_17-min
緑でぼんやり・・・ほらコレが死亡ポイント。

20160326_16-min

回収すると、ソウルが全部戻ってきました。(右下2228ソウルに戻った!)

でもね・・・そんな甘く無い。落としたソウルを回収するまでに死亡すると、死亡地点が上書きされてしまいます。
つまり完全に今まで貯めに貯めていたソウルが水の泡になってしまいます。これがロスト。
1000ソウルとかなら良いんですけどね、数万ソウル位になると結構へこみます。
このゲームオーバーによる緊張感が半端ない。
手に汗握って遊んでください。これが癖になる。

皆の癒やしの場「篝火(かがりび)」

そんなこんなで手に汗握るゲームなのだけど、救いもある。

20160326_6-min
篝火。ここは休憩地点。
回復アイテムであるエスト瓶の補充。拠点に戻ったり、道具を倉庫に入れたりできます。

例によって直ぐにゲームオーバーになるし、ちょっとずつしか前に進めません。そんな時この篝火が見えたら「やっとついた・・・」と思わず口から突いて出てきちゃう。

ただし今まで倒した敵は全部復活するんですけどねぇ。流石簡単に安心させてくれない。

心を折られても何度も立ち上がってボスを目指す。

何度も何度もやられながら、少しずつ少しずつ進んで最後にボキっと心をへし折ってくるのがボス戦ですね。このゲームの醍醐味です。

大抵、所見だったら「ん?勝てる??\(^o^)/オワタ」って思える様なやつが出てきます。
早速倒してみましょう。

20160326_18-min

明らかーなやつが居ますねえ。もう今までやってきてるので、分かるんですよコイツがやばいヤツだってことが。
近づいたら動くやろ?!っとか思ってたら動きませんでした。

20160326_19-min

明らかに剣を抜くと「動くやろ」と思いながら・・抜くっ。動いたやっぱね。

20160326_20-min

かすったぁああやべぇええ。

20160326_21-min

一生懸命ボスと死闘を繰り広げ、やっと半分までHPを削ったぞ!と思ったら。なんか変なことになった。

もう何が何だか分からないよ。

20160326_22-min

でも何とか勝てました!。
自分はもう経験者だから、何となくこうしたら勝てるってのがあって。
すんなり勝てちゃうんですけど、初めての人だったら結構負けるかも。
この困難だけど頑張れば倒せるってところが癖になる。
達成感凄いある!!

難しすぎるって人は
bloodbornが難しすぎて先に進めない!って人のための5つのアドバイス
って記事を書いたので、よかったら読んでみてください。
bloodbornはダークソウルと同じ系統のゲームソフトなので考え方は近いです。
ダークソウル3をクリアしたら、ダークソウル3向けに書こうかな。

ダークソウル3感想まとめ

初心者でも経験者でも超面白い!

先ほどのボス戦でもそうなんだけど、何度もやってるとパターンってのが見えてくるんよね。
ダークソウルも遊びすぎてパターン化したなって思って
パターンが見え始めるとコンテンツの終わりの兆し | Garney.Web
こんな記事前に書いたんやけど。ちょっとそこが心配だった。もしかしたら、もう楽しめないかもって。

でもそんなこと無かった。相変わらず思いもよらない罠で楽しませてもらってる。

いきなりドラゴンに焼き払われそうになったり・・・
思わずうわっって声が出たw


空から何か飛んでくるし。こんなの当たったら即死じゃないか?


ただのオブジェクトだと思ってたら敵でびっくりするし。
こんな感じでまだまだまだまだ楽しい!!
スクリーンショットも一部!楽しすぎて100枚位保存してもた!

続き楽しみ。
ホント面白いから興味あったら是非遊んでみて!!

うーん。いつ見てもサムアップしてるようにしか見えない。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法