武器として書く技術を得た自分は、自転車世界一周のジャンルで1番になります。【読書メモ】

スポンサーリンク

あ、ちょっと自転車世界一周のジャンルで1番になりますわ。
武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術」を読んだら、出来そうな気分になった。相変わらず単純である。

ニッチなジャンルじゃ無理なんじゃないか?

ニッチなジャンルを書き続けてもアクセスは伸びないんじゃないか。
そう思い続けていた。
残念ながら自分が好きなジャンルは自転車での海外旅。
それも世界一周に一番興味があるんだよね。

日本人でこれに興味持ってる人ってどれだけ少ないだろうか。試しにキーワードプランナーで調べてみた。
キーワードは「自転車世界一周」

20160314_1-min

チーン。

ニッチなジャンルでも良い

20160314_2-min

でもさ、「武器としての書く技術」にはこう書いてあった。

「選ぶテーマはニッチでもいい」ということです。
というよりも、むしろ「ニッチであればあるほどいい」と言っても過言ではありません。
通常ニッチなテーマを扱えば扱うほど、読者は獲得しやすくなるものです。
それは、ニッチなテーマは一般的に情報が希少だからです。
情報が希少であれば、それだけ検索エンジン等からのアクセスが稼ぎやすくなるので、読者も獲得しやすくなります。

おぉ神よ。ニッチでも良いのですね・・
これがニッチ戦略。初級システムアドミニストレーターの試験で出たよ!

ニッチなジャンルでも良いのだ。
要はそのジャンルの人達は情報不足なので、自分がここにそれを提供してやればいい。
結果として、皆自分の所にアクセスしてきますよ。ってこと。

どうも自転車で海外旅、世界一周なんて書いても手応えないし、来てもらえるのかなと自分の中でモヤモヤしていた物があったけど。道標をもらえてずいぶんスッキリした。

今は世界に飛び出す準備をしているので、書こうにも準備中な記事しか書けない。
毎日出来る限り記事を更新して行くとなると自転車世界一周のジャンルでは少々インプット不足だ。
だけど1年後の自分は24時間このジャンルに触れているのだから、最強だなあ…。

自転車世界一周と自転車旅で1番になる

20160314_4-min

っていうか「なれるな」と特に明確な根拠はないけど自信はある。特に自転車世界一周のジャンルでは。
なぜなら検索すると、日記しかヒットしてこないから。

自分はこのジャンルで1番になります。皆ブログは面白いのにもったいない。
自転車旅といったら自分になります。宣言しときます。

武器としての書く技術を手にした自分はそれを持ってない君らに負ける気がしないよ。

武器に磨きをかけよう

20160314_3-min

武器として書く技術は得た。だから次はその得た物に磨きを掛けなければならない。
武器は得たけど切っ先はサビっサビなのだ。毎日これを磨いて磨き続けて1年後の自分にバトンを繋げたい。

具体的には

コピー力を付ける

武器としての書く技術では

読むべき文章かどうかは、1秒に満たない時間で判断されます。
そこで必要なのがコピー力です。
どんなにいいことを言っていても、どんなに世の中に必要なことを伝えようとしても、読んでもらえなければ存在しないのと同じです。
まず、人目を引かねばなりません。

とある。
その為に、タイトルを工夫したり、誰にでも読んでもらえるように、ひらがな・カタカナ、難しい言葉は使わない等気を使うこと。
文章に持っと磨きをかけること。
自分も書いた文章を第三者目線で校正すること。
これらに気をつけて書いていく。

面白いことを探す体質になる

本書ではこれを目の解像度を高くすると表現している。

物事は特に気にも止めていなければ全て無価値だ。

この世の中に意味のあるものはない。そこに人は価値を付け足すのだ。
そんな感じのことをPhaさんの「持たない幸福論」に書かれていたと思う。

要するに意味を見出して見つめれば、それは何のコンテンツにもなるってことだと解釈している。

これを鍛えて自転車旅で得たものを、ただ「見てきました!旅してきました!」だけじゃなくて、コンテンツ化できれば最強だ。
だって自転車で旅している人はコンテンツ化してないから。

さーてちょっと唯一無二になってくるかな…

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法