部屋の掃除が出来ない人間は、コロコロを手に取れば革命を起こせるって話

スポンサーリンク

もうね、本当に掃除ってつまらない、面白くない。

実家に居た時は気にも留めないけど、一人暮らしを始めると気づくことって多い。
その中でも掃除の面倒くささはNo1で大きな気付きとなった。母は偉大である。

掃除の何が面白くないか

それはさ、

綺麗になってるかどうか分からん!

これですな。これに尽きますな。

汚部屋位に汚れていれば掃除のやりがいがあるものだが、1日やそこらじゃ汚れないし、1周間放置しても対して目に見えて汚れない。
尚、汚部屋(俺基準)にはしたくない模様。

試しに2週間放置したんだけど、別にーって感じだったし。
3週間放置したら流石に掃除しようかって思うようになった。

3週間という期間は適当にボケーっと過ごしていても、流石にホコリとか見えるんですよね。視覚効果って凄い。
(自転車に乗って旅に出る位なので汚れに対して鈍感なだけかもしれない。)

徹底的に汚れないと掃除しても綺麗になってるかどうか分からない。
結果が見えないから面白くない、つまらない。この様な思考なのだ。
ケッコーンすればその辺の価値観は変わりそうだけど、今のところ部屋の掃除でさえ面白いか面白くないかでしかない。

コロコロに出会ったら革命が起こった

20160312_1-min

本日あの有名なコロコロの名前が、カーペットクリーナーであることを知った。テッテレー
コロコロという可愛らしい名前と打って変わって中々スタイリッシュだな?

さて、この誰もが知っているコロコロことカーペットクリーナー、(めんどいから以下コロコロ)一度は触れたことがあると思う。
自分も子供の頃はこれでよく遊んでいた。完全におもちゃですな。

これ面白い位にホコリとかゴミが取れるんですね。知ってるよね。
でも自分自身で掃除しないといけない環境に置かれなければ存在を忘れてしまう。
自分もこないだスーパーに日用品を買いに行って、コロコロが目に付くまで存在を綺麗さっぱり忘れていた。
自分の中に眠れるお掃除竜が目覚めたのだ。

ピーンと来た自分は速攻でそれを購入。そして家でコロコロして遊ぶ。
めっちゃゴミ取れる。→ 「おもしれぇえ!」

掃除が嫌いで苦手な自分がコロコロで掃除してる。
カーペットコロコロしてる!。ゴミ取れる!革命の瞬間である。
見たかゴミども!。お前ら全員駆逐してやるっっ!である。

その後2時間コロコロしていた

単純でアホである。それから2時間程ずっとコロコロしていました。
面白すぎるのだ。やっぱ結果が見えると面白い。

掃除機では綺麗になってるのだろうけど、どれだけ汚れていたか分からない。
「恐らく綺麗になっているだろう」が前提の元で掃除をしなければならないが、コロコロはその「恐らく」の部分を完全に払拭してくれる。

1日でロール半分位つかったね。それでいてまだまだ楽しめる。おまけに付け替え可能。

このエンターテイメントの可能性は無限大である。
テンション高まって何言ってるかもはや分からんな?。

その後の自分

毎日コロコロで遊んでいる模様。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法