徹夜作業は百害あって一利なし。やるだけムダなので皆やめましょう | Garney.Web

徹夜作業は百害あって一利なし。やるだけムダなので皆やめましょう

スポンサーリンク

20160301_2-min

スケジュールがタイト、納期ギリギリ。皆バタバタ皆イライラ。ホント駄目ですね。毎日徹夜作業に休日出勤。百害あって一利なしだ。実際は千害くらいありそう。

納期前だからといってそれが当たり前なのはどうかと思う。そんなのが当たり前になるスケジュールが異常なのだ。おかげ様でお家に帰っても寝るだけだったり、会社が家状態だったぞ。

徹夜はダメ

自分は一応クリエイター職なのだけど、徹夜は本当にダメですね。徹夜をすると、次の日は「ぼー」っと虚ろになり、いつも1時間程度で捌いていた作業も6時間位かかってしまう。
やる気が起こらないんですね。ディスプレイは一生懸命見つめるけど、それだけ。その時間で睡眠を取った方が有意義だけど、早く早くと急かされるので安めもしない。

ボタンのアニメーションがきもちい!スマホ用スライドダウンメニューの作り方で書いたスライドダウンメニューの様な機能を作っていた。これはスマホ用だけど、今回作っていたのはレスポンシブでPC、タブレット、スマホとどんな画面サイズのデバイスで見ても綺麗に見れるスライドダウンメニューだ。

このシンプルなメニューに比れば実装は難しい。でも体力全快の時に作ったとすると、綺麗に整えたりブラッシュアップの部分を考えると時間はかかるが、機能だけなら1時間程で作れると思う。これが徹夜後の自分だと6時間ほどかかってしまうのだ。

本当に馬鹿らしくて、目に見えて作業に支障が出ているのが体感できた。
徹夜作業はムダですね。家にでも帰って少しでも好きなことでもして頭をリセットした方がずっと効率よく作業ができると思う。

人の集中力は長く続かない

徹夜作業に関連して、人はたいして集中力が持続しないんですよ。集中力の持続の限界は90分とされており、大学の授業が90分であるのはそれが限界だからと言われている。これを知った時は理にかなっているなと思ったが、90分集中が続いた試しがないので、人によってはもっと短かったり長かったりするんじゃないだろうか。

いずれにせよ人は何時間も集中できない。だから当たり前だが徹夜作業なんかしても集中し続けられない。
スケジュールがタイトで徹夜をしないと間に合わないのは、そのスケジュールを組んだ人か、その様な無茶な事を当たり前に言ってくるクライアントのせいであり、ぶっちゃけもう御免被りたい。こうでもなければ徹夜作業など進んでやるもんじゃない。寧ろ絶対やらないほうが良い。

睡眠時間が5時間を切るとチューハイを数杯飲んだ時と同じと言うが、徹夜は多分ウイスキーのロック数杯だ。飲酒運転を厳しく取り締まるなら、徹夜作業も厳してく取り締まって頂きたい。

徹夜で仕事する俺偉いって思っている人達

徹夜までして頑張ってる俺すげーって思ってる人。こういう人が世の中に居るからダメなんだよな。周りの空気がその方向に引っ張られていて、それが肯定されているような雰囲気。

別に全然凄くない。それどころか「そんな効率の悪いことしてるお前ダセー」なのでさっさと考えを改めてください。何も凄くないので。

後忙しいのがステータスな人も同じだと思う。別に忙しかろうが無かろうが、心に余裕を持っていないのであれば何のステータスでもない。仕事が好きでたまらないのであればまだしも、そうでもないのに「忙しい俺素敵!」なのであれば、やりたいことも出来ないアナタに、憐みさえ感じてしまう。

その様な忙しく、とにかく働いて働いてそれが美化されている時代は日本が高度成長期の頃で終わっている。高度成長期なので、働けば働くほどに国が発展していった。一度入社すれば定年まで一生安泰だった。この頃の人達が一生懸命働いてくれたおかげで今の日本があるのは言うまでもないが、時代は流れるし、時代とともにニーズも変わる。流行も変わる。考え方も変わる。

ずっと何十年も前の考え方は今の時代に合うわけがない。その様な働くのが正義である古い考えが今でも生きていて、それが徹夜作業やってでも仕事しろって流れになっているのかと思う。

本当に徹夜作業は無意味なのでやらない方が良いですよ。何度かやったけどやる度に脳がネガティブに汚染されていくのが身を持って感じる。百害あって一利なしだ。

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法