快適な野宿ライフのための寝袋選びについて。【どれを買おうか迷ってます】 | Garney.Web

快適な野宿ライフのための寝袋選びについて。【どれを買おうか迷ってます】

スポンサーリンク

20160223_1-min

まとまったお金が入ったので、満を期して寝袋を購入しようかと思っている。「なーんだしょうもな寝袋か」と思う?寝袋高いんやぞ。
寝袋は自転車旅において重要なものだ。自転車旅三種の神器と言っても過言ではないのだ。寝袋があるから快適に眠ることが出来る。快適に眠ることができるから次の日も旅を続けることができるのだ。寝袋は母なる揺りかごぞ。

どの寝袋が一番いいだろうか

さて実は寝袋のことでどれを買うか迷っているのだ。候補は3つほどある。
1つはこれ

by カエレバ

自転車旅御用達。ナンガのオーロラだ。こいつはその中でも最強。900シリーズだ。なんと!-22度から-37度まで対応している!。
先人たちは言う「ぶっちゃけその基準は当てにならないっす
当てにならないらしい。
そんな気温でこの寝袋を使おうものなら凍え死ぬこと間違いないらしいのだ。だいたい表記温度よりも10度プラス程度で精々ギリギリのラインなそうな。
プラス10度すると-12度から-27度であり、それでもこの数字は中々魅力的だ。

そんな過酷な環境で果たして野宿するのか

それである。自転車旅では野宿はつきものだが、はたして-20度の土地で野宿をするだろうか。限りなく無いだろう。でも無いとは言い切れない。この世の中何が起こるか分からない。だけどそれでも疑問なのだ。だったらこのお高い900シリーズよりももう少し安い目の

by カエレバ

600シリーズでも良い気がする。-14度まで対応だ。ということは-4度が適正気温になる。-4度くらいなら野宿はあり得そうだ。例えば冬にアメリカを訪れていたら場所によってはこれくらいの気温になるだろう。

ダウングレードしたとはいえ3万円超えと決して安くはない。この対応気温よりも過酷な環境で野宿するのならダウンジャケット等を詰め込んど対応するか?

そうなるとケチ臭くなってくるもので、更に安いモデルでも良い気がするな?

by カエレバ

もう1万円ほどケチってこれならどうだろうか。こちらも旅人御用達モンベルブランドの寝袋である。

そんな訳で今大体この3種類から迷っているのである。因みにどうでも良いが色は緑押しだ。この選択によって未来の自分が苦しむかどうか掛かっている。そう思うと一番高いヤツ買っとけって話だが・・。
さてどうなるんでしょうね。早ければ2月下旬。遅くても3月には決断して購入していると思う。
悲しいのが、「これのどれが良いですか?」って書いてもまだ過疎地前回のこのブログでは誰も解答していただけないってことだ。シーン

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法