ブラックダイヤモンドのヘッドライトの電池を交換する方法。 | Garney.Web

ブラックダイヤモンドのヘッドライトの電池を交換する方法。

スポンサーリンク

ブラックダイヤモンドのヘッドライトを購入した事を書いたが実は問題が生じたのだった。

電池を入れる部分が開かないのだ!電池を交換したいときにどうすんだ!。説明書には

20160207_4-min

この写真の中央部分をクイッと開ければ良いと書いてあるんだけど、そんなクイッとなんてもんじゃ無い。ガッチガチやで。

開け方を見てみよう

20160208_1-min

ブラックダイヤモンドのヘッドライトの商品紹介ページに、電池のフタの開け方を紹介しているイラストを発見した。

言っておくが、これで開けられると思うな?簡単に開けられるように書いてあるけど、爪が割れるかと思った位にはビッシリとロックされている。下手に開けようものなら爪の犠牲は免れない。

ここまで来るとイラストが分かりにくいので、実は開け方を誤解しているのでは?!と思い始めたぞ。動画ないか?!動画!

動画で具体的に見てみよう

あったぞ!
3分位の所で紹介されている。爽やかな外国人がめちゃくちゃ簡単そうにクイっと開けているな???どうやら開き方はイラストの通り合っているようだ。しかしこんなに簡単に開けば苦労はしないのだ。動画も役に立ちそうになかった。

コインなどでこじ開けましょう

んで動画もイラストも宛にならなかったので、結局コインでこじ開けました。

20160207_5-min

毎回コインで開けねばならないなど不便だ!。それとも外国人の爪の強度が日本人よりも高いのか?!。動画じゃパカって開けてたけどね。こっちの爪がパカだよね。

なにはともあれ開いて良かった。これで電池の入れ替えが可能になった訳だ。ちゃんちゃん。おしまい。

by カエレバ

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法