ローカル環境にWordPressを入れてテストサイトを作成するまでの流れ | Garney.Web

ローカル環境にWordPressを入れてテストサイトを作成するまでの流れ

スポンサーリンク

20160131_1-min-1

少し前にサイト運営者はローカル環境にテストサイトを持つことをオススメしますなんて記事を書いた。
記事を読んでもらえると良いのだけど、何でローカル環境にテストサイトを持たないとダメなのかを言うと、本番サイトでサイトのコードを弄ると失敗した時リアルタイムで見ている人が影響を受けるからですね。テストサイトを持っていれば、どれだけサイト内をカスタマイズしようが見るのは自分だけ、あるいは一緒に運営している人だけなので、サイトが壊れようが関係ない。目的のカスタマイズが終わってから本番ページ公開すればユーザーには何の影響も無い。だからテストサイト持っといた方が良いよって書いている。

んでこのブログはどうなのよ。って言うと実はローカル環境にテストサイトを持っていなかったんだけど、取り敢えず出来上がったぜ!ってことだけ書きたい。

今回は導入の流れだけ書いておく。後述するXAMPPやMAMPでは構築していないのでその方法については、参考にオススメの外部サイトにリンクを貼っておくね。

WordPressのブログをローカル環境に構築する

20160131_3-min

このブログはFC2ブログでもアメーバブログでもエキサイトブログでもはてなブログでもない。サーバーをレンタルして、そこにWordPressを入れてブログとして運営している。多分無銘の人間ははてなでやるのが一番手っ取り早いんだろうけど、やっぱ仕事の関係上自分でカスタマイズが好きにできるWordPressが良いなと思ったのでそうなっている。
それに実験していないけどもレンタルブログのサービスでブログを運営する場合、ローカル環境にテストサイトを構築するのは難しいんじゃないだろうか。

ずーっと昔にFC2でブログを書いていた時期があったけど、HTMLとCSS全コピすれば、FC2は一応出来ましたね。ただ静的なサイトで擬似的に作ったので動的にページを吐き出す分けでも無く、無理矢理感が否めなかった。

WordPressならばWordPress内のコードは手元に全てあるので、これを使ってローカルに移植すれば良い。ローカル環境に仮想的にサーバーを作ってやればブログが出来上がるのだ。

ローカル環境に仮想サーバーを構築する

自分はちょっとハマってしまって解決に時間が掛かったのだけど、基本はXAMPP MAMP等のアプリケーションを使えば簡単に仮想的なサーバーを構築することが出来る。

自分もこれで簡単にサクッと終わらせようと思っていたのだけど、エラーの連発でまともに動いてくれなかった。結局ハッキリとした原因は分からなかったが、多分以前にApacheとMysqlを個別にインストールしていたのが原因かと思っている。2重にインストールして2つもいらんぞ!ってエラーだったのかなと・・分からんけど。結局XAMPPもMAMPも使わずに、直接ダウンロードしてきたApacheとMysqlを使って構築した。この記録はまた別の機会にでも書く。
こんなことやったこと無いって人はXAMPPかMAMPをインストールしておけば良いのだから。
後、日本語のドキュメントの多いXAMPPの方が初心者はやりやすいと思う。

この2つを使えば仮想サーバーの構築に必要なApacheやMysql、PHP等全て一発インストールしてくれるし、設定までやってくれる。昔使っていたノートPCではXAMPPで構築したのだけど、すっごい簡単だった。ダウンロードしてインストールしたらはいお終いだ。ビックリするほど簡単。

ダウンロードしてインストールするだけだけど、XAMPPをインストールする方法【超初心者向け】 | TechAcademyマガジンは参考になると思う。この通りすればお終いだ。
MAMPはこちら

WordPressを導入する

次にWordPressを手に入れなければならない。WordPress › 日本語からダウンロードしてくれば良い。
ダウンロードしたら。zipファイルを解凍し、ApacheだろうがXAMPPだろうがMAMPだろうがhtdocsディレクトリにコピペしておく。

次にWordPress内にあるwp-config.phpを開いてデータベースの情報を入力する。XAMPPやMAMPの方はphpMyAdminからデーターベースを新規作成するのかと思う。自分はコマンドプロンプトからMysqlコマンドで作成した。間違いなくphpMyAdminから作るほうが簡単だ。

データーベースを作成してwp-config.phpに情報を入力したら、localhost:ポート番号/wordpress/wp-admin/にアクセスする。そうすると、WordPressの管理画面にログインするための情報等を入力することになる。これを入力すればお終いだ。
ちなみにポート番号については殆どの人は80とか8080じゃないかな。自分は昔何故か81に設定してた見たいなのでそのまま81で使用しているけど。多分スカイプのポート番号とコンフリクトするのが嫌でそうしたんかな。あんまり覚えていない。

これでローカル環境にWordPressを入れるのに成功した。

MXAPPならXAMPPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法
MAMPならばMAMPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法

超わかりやすい。

WordPressテーマをインストールする

20160131_2-min

次にWordPressテーマをインストールしようと思う。今のままではデフォルトのテーマなので同じ環境とは言えない。自分はSimplicityを使用しているので、まずはこれをダウンロードしてインストールする。そしてテーマを有効化してお終いだ。

そして最後に、このままではSimplicityがアップデートした時に独自のカスタマイズが消えてしまうのでSimplicityの子テーマをインストールしておく。

これでお終い!。今回はローカル環境にWordPressを入れてテスト環境を構築する流れと、XAMPPやMAMPで作る方の為にリンクの紹介まで書いた。
次回からはXAMPPやMAMPを使わない、個別にApacheとMysqlをダウンロードして構築する方法を書く。

第二回:PHPのダウンロードとインストールをしよう【ローカル環境にテストサイトを作成】

もっと自転車旅を知りたい人向け有料マガジンやってます。

もっと自転車旅を知りたい人向け!
有料マガジンやってます。

自転車世界一周マガジンについて詳しくはこちら

スポンサーリンク

フォローする

ツイッターやっています。


Profile

プロフィール

Profile びゃす

名前 びゃす
現在自転車で世界中旅しています。
スタートはアメリカ合衆国アラスカ州。
南米最南端を目指して毎日ひたすら前進中!。

自転車を漕ぎ、見た世界について感じたことをブログで発信しています。
詳しいProfileはこちら


Instagram
follow us in feedly
Followボタンからお気に入りブログを
登録する方法